Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
奥森吉 桃洞沢上流部の紅葉(10月11日)
0

    JUGEMテーマ:登山

    10月11日奥森吉の桃洞沢

    上部へ遡行すると、見事な景観が広がっていた。

    その1枚

    PA110128002.jpg

    沢の静かな流れに紅葉が反射していた。

    鏡面像の紅葉。なかなか見事な景観だった。

    矢留山岳会のHPに記録が載りました。H

    posted by: hashizume-c | 山登り | 21:39 | comments(2) | - | - |
    10月11日奥森吉 桃洞沢から赤水渓谷へ周回
    0

      JUGEMテーマ:登山

      10月11日(日)奥森吉の桃洞の滝から遡行し、赤水渓谷に抜けてみました。

      メンバーは矢留山岳会、S会長、M橋、橋爪の3名

      奥森吉の紅葉はまだ始まったばかり。

      ブナの緑に黄葉が混ざり輝いている。

      PA110118.JPG

      約1時間ほどで桃洞の滝

      PA110124.JPG

      本当んい不思議な景観だ。

      右側のマタギステップを利用して遡行開始。

      山の上は紅葉がはじまっていた。

      PA110121.JPG

      詳細は後日レポートをお待ちください。

      下の写真は秋田大学病院長の南谷君からもらった写真。

      FB_IMG_1602419891228.jpg

      上部の左が私。懸垂下降の準備をしている。

      まさか同じ場所に来ているとは。。。というより

      やっぱり山でよく会うよね。

      PA110151.JPG

      今シーズンの沢登りは今日で終了。

      おう穴に落ちて冷たかったけど、楽しい沢登りでした。

      詳細は後日にでも。H

      posted by: hashizume-c | 山登り | 21:59 | comments(0) | - | - |
      9月21日三ツ石山
      0

        JUGEMテーマ:登山

        9月21日朝はキャンプ場でまったり朝食。

        午前9時すぎワカサギメンバーと別れる。

        小雨もふっているが、間もなく好天になるはず。

        三ツ石山に草紅葉の下見に向かう。

        大松倉ゲートの駐車場は満杯

        誘導員の指示にしたがい手前1kmに駐車

        写真は地熱発電の掘削鉄塔。

        午前10時ゲートを通過。

        IMG_0181.JPG

        奥産道2.4劼離▲好侫.襯箸瞭

        IMG_0182.JPG

        30分ほどで登山口

        IMG_0183.JPG

        ブナの林を横切る

        5分ほどで滝ノ上温泉との分岐

        IMG_0184.JPG

        登山者が滝ノ上温泉から登ってきた

        やはり駐車場が心配だったとのこと。

        20分ほどで三ツ石の斜面が見えてきた。

        IMG_0188.JPG

        まだ夏色だ。

        山荘脇の水場。

        IMG_0189.JPG

        給水していると

        「はしづめせんせい!」

        なじみのお店のご夫婦とばったり。

        いつも山の話で盛り上がるのだが、山で会うのは初めてだ。

        木道を歩くと三ツ石山荘。

        IMG_0190.JPG

        今日もにぎわっている。

        湿原に空が映る。

        IMG_0191.JPG

        山頂へ向かう。振り返ると昨日登った岩手山。

        IMG_0192.JPG

        ハイマツの緑の間にすこしだけ黄色が混ざってきた。

        30分ほどで山頂。

        斜面は草紅葉が始まりそう。

        IMG_0207.JPG

        ミネカエデの赤。

        IMG_0202.JPG

        その向こうには栗木が原

        IMG_0196.JPG

        西のかなたには乳頭山の稜線。

        IMG_0195.JPG

        山頂から岩手山

        IMG_0197.JPG

        草紅葉はあと1週間ほどが見ごろだろう

        岩手山を正面に見ながら下山する。

        贅沢な時間だ。

        IMG_0208.JPG

        今年何回目の三ツ石山。

        来週は多くの登山者でにぎわうことだろう。H

         

         

         

         

        posted by: hashizume-c | 山登り | 16:24 | comments(0) | - | - |
        9月20日岩手山
        0

          JUGEMテーマ:登山

          9月20日岩手山登山。

          午前5時半に秋田を出発、馬返し登山口には2時間ほどで到着。

          午前8時出発。標高は650m。2038mまで登る。

          P9200085.JPG

          登山口に薪が積んである。

          「八合目小屋に運んでほしい」とあるので1本ザックに載せる。

          霧が立ち込め樹林帯をゆっくり歩く。

          展望はないが、秋の気配がそこかしこに見られる。

          P9200091.JPG

          3合目から上は霧が時々晴れるが、急な登りが続く。

          P9200109.JPG

          岩場になんとウスユキソウ

          P9200095.JPG

          標高が高くなると、岩場をジグザクに登る。

          小学生が岩場で靴が脱げてしまい座り込んでいた。

          母親は少し上にいる。

          子供に駆け寄り、靴を履かせひもを縛る。

          小学3年生という。

          「岩手山は何度も登っていると。」

          将来も山好きになってくれないだろうか。

          7合目まで来ると小屋が見えた。

          P9200097.JPG

          1700mを越えた。

          八合目小屋の管理人に薪を渡す。

          P9200098.JPG

          ここから上は風も強い。

          P9200100.JPG

          9合目から上は草紅葉が始まっていた。

          あとは山頂目指して修行の登山。

          12時山頂に到着。

          share_1600580678509.jpg

          風が強く体感温度は10度以下だろう。

          すぐさま下山する。

          時折ガスの切れ目から火山口。

          P9200104.JPG

          ここも秋が来ている。

          8合目小屋で行動食をとる。

          水は豊富に沸いている。

          P9200105.JPG

          下山途中で一瞬視界が開けた。

          P9200108.JPG

          午後2時40分登山口に到着。

          P9200112.JPG

          下山すると晴れるの法則

          登り4時間、下り2時間半満足した登山だった。

           

          ワカサギメンバーが岩手山麓でキャンプしている。

          温泉で汗を流してから合流することになった。

          続く。H

           

          posted by: hashizume-c | 山登り | 23:29 | comments(3) | - | - |
          8月23日真夏の森吉山
          0

            JUGEMテーマ:登山

            8月23日真夏日

            本来なら水遊びがしたかったが都合がつかず。

            所用をすませてから午前8時秋田市を出発。

            森吉方面へ。

            奥森吉の赤水沢を目指すが、訳があってスタート地点で断念。

            せっかくなので、ゴンドラを利用して山頂へ。

            12時前の駐車場はなんと満車。

            200台以上はあるのではないか。大人気の森吉山だ。

            IMG_0155.JPG

            ゴンドラで15分ほどで山頂駅へ。

            山頂駅付近には、家族連れなどが山の雰囲気を楽しんでいる。

            少しでも山の空気を吸うだけで、元気になるだろう。

            IMG_0159.JPG

            緑の山頂が夏空に映える。

            通いなれた登山道。50分ほどで山頂だった。

            IMG_0165.JPG

            山頂にはトンボの乱舞。

            季節は秋に移り代わろうとしている。

            チングルマの群生する稚児平も秋色に。

            IMG_0168.JPG

            今年何度目の森吉山だろう。一年中お世話になっている。

            山の神様に今日も感謝する。H

             

             

             

            posted by: hashizume-c | 山登り | 21:47 | comments(1) | - | - |
            8月16日沢登り
            0

              JUGEMテーマ:登山

              お盆休みの最終日。天候がやっと回復する見込みだ。

              シャワークライミングは真夏に最適だが、

              数日間降り続いた雨で、水量が多いことが心配だ。

              秋田市太平山馬場目岳の篭沢

              適度に楽しめる沢で、最後の詰めの藪漕ぎが少ない。

              午前7時30分旭又登山口に集合

              P8160079.JPG

              矢留山岳会5名にゲスト1名

              入渓してまもなく堰堤。ここは左側を高巻く。

              P8160082.JPG

              沢には懸垂下降。

              メンバーのSさんは沢登りは今回初参加。

              楽しそうに無事に着地。

              それにしても水量が多い。

              P8160085.JPG

              いつもならすんなり登れる滝もゴーゴーと流れている。

              安全第一でロープを出す。

              10mの滝。

              P8160090.JPG

              この水流はとても中を登れない。

              この滝は右から高巻く。

              ロープを2本つなぎ、メンバーはシャトル法で登攀した。

              高度があがっても水量は落ちない。

              10mの滝

              P8160093.JPG

              これもロープを出す。

              読図しても迷う地点が2か所。

              皆で確認しながら登ることが大事なのだ。

              山は真夏の花が彩る。

              P8160095.JPG

              3時間半ほどで登山道へ飛び出した。

              ここから山頂までは10分ほど

              P8160097.JPG

              バラエティに富んだ沢に皆満足だった。H

               

               

               

              posted by: hashizume-c | 山登り | 20:08 | comments(0) | - | - |
              8月13日午後は森吉山へ
              0

                JUGEMテーマ:登山

                三階の滝の見物を終えて太平丸に乗船すると

                太平湖から森吉山の山頂が雲から晴れていくのが見えた。

                まだ時間もある。これから山頂に行こう。

                車を阿仁スキー場へ走らせる。

                午後12時45分。ゴンドラ駅に到着。

                チケットは名前と連絡先を記入すると往復乗車券がもらえる。

                約10分ほどでゴンドラ山頂駅。

                IMG_0086.JPG

                ゴンドラキャビンの中で、おにぎりを頬張る。

                念のため下りの最終便を確認すると「午後4時」とのこと。

                午後1時から往復でも2時間半と計算した。

                登山道は木道がしっかり整備されている。

                IMG_0091.JPG

                ハクサンシャジンが登山道を彩る。

                この時間は、下山する人たちとたくさんすれ違う。

                今日は小学生をつれた親子連れが多い。

                子供たちに声をかけると親が元気に返事する。

                山頂にはガスがかかっていて、涼しいに違いない。

                IMG_0092.JPG

                阿仁避難小屋を過ぎるとガスが晴れてきた。

                IMG_0094.JPG

                休まずに一気に登る。

                ハクサンフウロが鮮やか

                IMG_0095.JPG

                これはハクサンシャジン

                IMG_0096.JPG

                白は目立つ。周囲は秋の花たち

                午後2時、わずか1時間弱で山頂に到着。

                時間がないので、山人平には行かれない。

                IMG_0103.JPG

                望遠で森吉ダムと太平湖を探す。

                左の人工物が森吉ダムだ。右側わずかに湖が見える。

                IMG_0101.JPG

                3時間前はあそこにいたのだ。

                コーヒーを入れて休憩する。

                IMG_0100.JPG

                思えば今日初めての休憩だ。

                奥森吉と森吉山とずいぶん欲張りな行程だった。

                でもこれは他の人には勧めない。

                森吉はもっとゆっくり楽しむべき場所なのだ。

                お盆休みとはいえ、自分には貴重な晴れ間。

                温泉につかりながら、脚の疲労が心地よく感じた。H

                posted by: hashizume-c | 山登り | 09:46 | comments(0) | - | - |
                あこがれの湿原へ
                0

                  JUGEMテーマ:登山

                  8月2日(日)梅雨明け間近の日曜日

                  矢留山岳会の会山行

                  10年来行ってみたかった湿原へ。

                  沢を詰めること3時間

                  念願の場所へ。

                  DSC_0710.JPG

                  そこは絶景でした。

                  キンコウカが咲き乱れる秘密の花園

                  P8020100.JPG

                  我々以外全く訪れる人はいない。

                  山の中の別天地だった。

                  沢登りは、滝の登攀あり

                  P8020079.JPG

                  源泉垂れ流しの露天風呂あり

                  P8020084.JPG

                  もう大満足の沢登りなった。

                  詳細は後日に。H

                   

                  posted by: hashizume-c | 山登り | 21:34 | comments(1) | - | - |
                  三ツ石山の花たち
                  0

                    JUGEMテーマ:登山

                    三ツ石湿原に夏の花が咲き乱れていた。

                    いつもはスキーで滑る降りる斜面にはニッコウキスゲの群落

                    夏を代表する花だ

                    登山道に少し目立つヨツバシオガマ

                    湿原にはイワイチョウの白

                    黄色の花はトウゲブキ

                    夏の花が楽しめるこの季節。

                    連休最終日に出会った登山者は5名。

                    この山の良さを分かっている人たちばかりなのだろう。H

                     

                    posted by: hashizume-c | 山登り | 22:39 | comments(1) | - | - |
                    連休最終日は三ツ石山
                    0

                      JUGEMテーマ:登山

                      天気に翻弄された4連休

                      朝の天気をみて行動を決めていた。

                      7月26日は曇り空。降水確率は30%。

                      悩んだ時に行く場所は三ツ石山。

                      午前8時30分すぎに現地に到着。

                      駐車場には救助隊員の車が1台のみ。

                      まもなく軽自動車が到着した。

                      今日は静かな山が楽しめそうだ。

                      8時50分出発。30分ほどで登山道に入る。

                      P7260059.JPG

                      霧にかすむブナ林をトラバースする。

                      滝ノ上温泉からの登山道に入ると急登がある。

                      9時50分水場

                      P7260062.JPG

                      わずかに水が流れている。まもなく枯れそうだ。

                      木道を行くと湿原に飛び出す。

                      P7260064.JPG

                      三ツ石山荘前の湿原。

                      今日は誰もいない。

                      小屋の周囲をゆっくり散策する。

                      白いワタスゲが風に揺れる。

                      P7260069.JPG

                      足元にはイワイチョウや

                      10時30分山頂に向かう。

                      斜面にはニッコウキスゲの群落が出迎える。

                      P7260071.JPG

                      写真を撮りながら山頂へゆっくり向かう。

                      30分ほどで山頂。

                      P7260081.JPG

                      山頂には先客が2名。風が強い。

                      風を避けてゆっくり休むことに。

                      下山していくとガスが時々晴れる。

                      P7260095.JPG

                      小屋に戻ると山頂が見えた。

                      夏の三ツ石もよいものだ。

                      今日の登山者は4名。救助隊員1名。

                      静かな山旅だった。

                      ありがとう。H

                       

                      posted by: hashizume-c | 山登り | 21:16 | comments(2) | - | - |