Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
3月29日(日)森吉山 
0

    JUGEMテーマ:登山

    3月29日(日)森吉山

    P3290022.JPG

    雪の少ないシーズンだった。

    山頂までやく1時間弱

    DSC_0511.JPG

    今回の目的

    22日に亡くなったO先生にお別れをするため。

    パトロール事務所で事故現場を教えていただいた。

    スキー場のコース。なんでもない場所なのだ。

    どうしてここで、というのが正直なところ。

    静かに哀悼の意をささげた。H

     

    posted by: hashizume-c | 山登り | 23:03 | comments(0) | - | - |
    2月11日森吉山 樹氷最盛期
    0

      JUGEMテーマ:登山

      2月11日建国記念日

      森吉山樹氷観察に行くことに

      P2110025.JPG

      山はガスがかかり視界不良

      登頂はしたものの、写真撮影はほとんどできず。

      それでも樹氷は立派に成長しました

      P2110018.JPG

      石森付近まで登れば十分なモンスター

      P2110024.JPG

      山小屋周辺の積雪も4mほど

      P2110020.JPG

      おそらく今年のピークかもしれません。

      今日はグループやガイド登山者が多数訪れていました。

      しかしコンパスを持っている人はガイド以外はいませんでした。

      トレースが雪で消えたら戻ってこれませんよ。

      安易な登山者も多いと感じました。H

       

      posted by: hashizume-c | 山登り | 17:38 | comments(0) | - | - |
      2月9日白神山地田代岳 激ラッセル
      0

        JUGEMテーマ:登山

        2月9日白神山地田代岳

        前日積雪が十分にあったという友人からの情報で

        矢留山岳会のS会長、能代のAWJ師匠と3名で

        快適山スキーのはずが、とんでもない事態に。

        いつもなら2時間かからないコースがなんと5時間越え。

        激ラッセルでした。

        P2090029.JPG

        詳細は明日にでも。

        P2090040.JPG

        白髭の神様に安全祈願をしてきました。

        (大館あめっこ市にも出張中だったのですが)H

        posted by: hashizume-c | 山登り | 22:56 | comments(0) | - | - |
        1月26日森吉山樹氷成長中
        0

          JUGEMテーマ:北東北

          1月26日(日)晴れ予報

          AWJ師匠と森吉山樹氷観察へ

          樹氷平付近のアオモリトドマツがやっと樹氷らしく成長中

          P1260019.JPG

          阿仁避難小屋から森吉山

          IMG_4239.JPG

          例年より積雪は1m以上はすくないものの、

          この季節に登頂できるのはうれしい。

          IMG_4245.JPG

          この後AWJ師匠と東斜面へ。

          詳細は後日(予定)H

          posted by: hashizume-c | 山登り | 22:59 | comments(0) | - | - |
          1月19日森吉山樹氷観察
          0

            JUGEMテーマ:スキー&スノボー

            1月19日(日)午前中は好天予報

            本年2度目の森吉山の樹氷観察

            写真は山頂南斜面

            IMG_4211.JPG

            すくすく育っている。

            山頂直下の樹氷は見ごろだ

            IMG_4203.JPG

            しかしゴンドラ山頂駅からの樹氷平は未発達

            寒波がこなければ今年は厳しいかもしれない。

            詳細は明日にでも。H

             

            posted by: hashizume-c | 山登り | 22:56 | comments(3) | - | - |
            森吉山の樹氷
            0

              JUGEMテーマ:登山

              1月5日 正月休みの最終日

              この1週間で体重が増えている。

              週明けの仕事量を考えると少し運動をしたい。

              森吉山の樹氷を観察はどうだろうか。

              いそいそと準備し、午前8時秋田市を出発。

              10時前には阿仁スキー場に到着。

              登山届を提出し5時間券を購入。

              北斗君に挨拶をして、ゴンドラに乗車。

              DSC_0416.JPG

              20分ほどで山頂駅。

              雪とガスで視界は30mほど。氷点下8度

              P1050009.JPG

              石森(1308m)までは何とか行けるだろう。

              先行者がいるようだが、トレースがはっきりしない。

              P1050005.JPG

              地図とコンパスで合わせて深雪を行く。

              P1050004.JPG

              アオモリトドマツに雪の衣装をまとっていく。

              樹氷までもう少しだろう。

              視界が悪く、石森まで慎重に歩く。この先は単独では危険だ。

              無理せず引き返すことにする。

              途中登山者とすれ違う。森吉神社で初詣とのこと。

              気持ちがよくわかる。

              ゴンドラ山頂駅で、ガイドのミキティにばったり。

              「今年もよろしく」

              DSC_0413.JPG

              ランチ後上部のゲレンデでちょっと練習。

              リフト2本で十分に満足した。

              下山後は阿仁前田駅のクウィンス森吉でお風呂へ。

              P1050011.JPG

              お風呂から上がると内陸線がやってきた。

              はいチーズ。

              これで明日から仕事ができそうだ。H

               

               

               

              posted by: hashizume-c | 山登り | 18:53 | comments(0) | - | - |
              正月の三ツ石山
              0

                JUGEMテーマ:登山

                1月1〜2日 三ツ石山に行ってきました。

                元旦から山スキーに行けるのは幸運です。

                網張スキー場には午前10時前に到着。

                リフトを2本乗り継いで兎平で準備

                10時45分出発。

                10番と言われている場所。看板が見当たらず。

                DSC_0407.JPG

                ここから1318mのピークを巻くように鞍部に向かう。

                雪が少なく、藪が所々出ている。

                シラビソの雪もまだ積もっていない樹々が多い。

                P1010015.JPG

                鞍部までゆっくり1時間。

                大松倉へ約100mの登りに備える。

                山頂の標識の頭が出ている。こんなに雪が少ないのは初めて。

                P1010016.JPG

                大松倉の稜線上は強風地帯。雪庇に注意しながら進む。

                三ツ石山荘へは登山道にそって滑る。

                途中、スキーが藪にひっかかり転倒。荷物が重く立ち上げれない。

                これも山スキー。

                P1010017.JPG

                山荘がみえるとホッとする。

                薪ストーブが山荘の心臓部。

                P1010019.JPG

                自分で運んだ薪を少しずつ燃やす。1時間ほど格闘して点火。

                あとはまったりと過ごす。

                P1010022.JPG

                夕食は石狩鍋。お正月なので餅やシシャモを焼いてみる。

                午後8時には寝袋に収まる。

                薪ストーブは夜は自然に火が落ちる。

                明け方はかなり冷え込んだ。

                 

                1月2日午前5時起床。

                そばで水分を補給する。

                午前6時37分山頂へ向けて出発。

                周囲はまだ暗いので、ヘッドランプを付けて登山開始。

                山頂までほぼ一直線。

                登るにつれて暴風。それにところどころアイスバーン。

                P1020027.JPG

                午前7時18分。山頂に到着。

                「今年もよろしく」

                低温でデジカメが作動しない。風を避けて休む。

                7時32分。

                山頂からしばらくシールで下りる。

                50mほど下ってからシールを外す。

                パウダースノーで舞う。

                P1020026.JPG

                午前8時山荘に戻る。

                P1020029.JPG

                階段がでるくらい積雪が少ない。

                コーヒーで休憩して下山準備。氷点下8度

                P1020030.JPG

                8時45分山荘を出発。

                オオシラビソの森が美しい。

                P1020035.JPG

                振り返ると三ツ石山に朝日が当たっている。

                P1020032.JPG

                また来るからね。

                大松倉の稜線からは岩手山が顔を出してきた。

                P1020040.JPG

                雪庇と強風に気を付けて稜線を歩く。

                正面に岩手山。

                P1020043.JPG

                雲が切れるまで少し待つ。

                DSC_0406.JPG

                やっぱり来てよかったと思う。

                下山したら温泉が待っている。H

                 

                 

                 

                 

                 

                posted by: hashizume-c | 山登り | 22:56 | comments(1) | - | - |
                12月1日(日)初冬の太平山
                0

                  JUGEMテーマ:登山

                  12月1日(日)

                  前夜研究会後の懇親会で、盛り上がってしまった。

                  目覚めると午前8時前。

                  外は風もなく、天気も穏やかだ。

                  せっかくの休日、こうしてはいられない。

                  外でランチをするために、ちょっと山へ。

                  太平山の前岳なら1時間ほどで登れるだろう。

                  午前10時に秋田を出発。

                  金山滝の駐車場には数台が停まっている。

                  午前11時登山開始。

                  金山滝のルートは実は初めて。

                  標高差600m コースタイムは2時間

                  出発が遅いので午後1時には下山することにする。

                  登山道の要所要所に観音様がある

                  PC010031.JPG

                  太平山三吉神社の参道なのだ

                  よくみると一つ一つ表情が異なっている

                  PC010032.JPG

                  すでに下山する登山者はほんの4名ほど

                  標高500mを過ぎると雪道になる

                  PC010034.JPG

                  落ち葉の上に雪が積もっていて、比較的歩きやすい

                  まもなく稜線にでるころ、登山者が二人下りてきた。

                  PC010037.JPG

                  同級生の南谷君(胸部外科教授)と医学生(登山部4年)だった。

                  昨年もこの時期、ここで会っているので、

                  今日もいるのではないかと期待していたが。

                  この時期に考えること、つまり登る山が一緒なのだ。

                  12時20分目的地の前岳 女人堂に到着。

                  秋田市を一望

                  DSC_0369.JPG

                  今日はここでランチ

                  DSC_0372.JPG

                  汗が冷えないようにダウンジャケットを着こむ。

                  先週から忙しくて身体を動かしていなかったので、よい汗をかけた。

                  12時55分下山へ。

                  少し早歩きしていたら40分ほどで登山口。

                  満足した。

                  汗を流しに温泉(ザブーン)へ直行する。

                  運動不足解消にはやっぱり山のぼりが最適なのだ。H

                   

                   

                   

                  posted by: hashizume-c | 山登り | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  11月10日(日)仙台作並 鎌倉山
                  0

                    JUGEMテーマ:登山

                    11月10日(日)仙台、福島、秋田の混合チームで

                    仙台市作並の鎌倉山にクライミング。

                    晩秋の秋山

                    PB100030.JPG

                    上部の岩場にとりつくメンバー

                    PB100028.JPG

                    クライミングの詳細は後日に。

                    山の後半は、きのこ。

                    PB100029.JPG

                    ぷりぷりのクリタケ

                    今日も楽しんで収穫しました。

                    早速ソテーに

                    肉厚で美味でした。

                    クライミングの記録は後日。H

                     

                    posted by: hashizume-c | 山登り | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    11月4日(祝)女神岳
                    0

                      JUGEMテーマ:北東北

                      JUGEMテーマ:登山

                      11月4日連休最終日 この日は晴れ

                      午後から横手で用事がある。

                      午前10時前秋田市を出発。

                      途中のSAで検索する「横手近郊の山」女神山に決定。

                      登山口は湯田ICから15分とある。

                      信じたのがいけなかった。

                      林道を走ると、県境で行き止まり。

                      来た道を戻り、谷に落ちそうな林道をひた走る。

                      11時40分駐車場に到着。

                      IMG_4143.JPG

                      コースタイムは3時間

                      午後1時になったら引き返すことで、登山開始。

                      紅葉は終盤だが、標高が低い分だけまだ黄葉がのこっている。

                      10分ほど歩くと白糸の滝

                      IMG_4178.JPG

                      高度感満点。

                      まもなく急な登りが始まる。

                      IMG_4147.JPG

                      標高差400m  

                      急な登りに息がきれる

                      IMG_4149.JPG

                      やっと稜線にでるも、まだ先はながい。

                      登り出して50分最後の登りだ。

                      IMG_4151.JPG

                      ここで初めて二人とすれ違う

                      午後1時 標高955m山頂到着

                      IMG_4154.JPG

                      二人連れと言葉を交わす。

                      午後1時17分

                      時間がないので写真を撮ったたすぐに下山にかかる

                      IMG_4153.JPG

                      ここは奥羽山脈の稜線上なのだ。

                      ブナの樹々の間から見えるのは真昼岳

                      IMG_4156.JPG

                      葉をおとしているので、展望がきく

                      県境の稜線をどんどん下る。

                      途中で5人グループを追い抜くと「橋爪先生」と声がかかる。

                      秋田の山のグループ。「お疲れ様」

                      IMG_4168.JPG

                      県境分岐。ブナ見平へ下る。

                      ブナ林が続いて気持ちよい

                      IMG_416701.jpg

                      下るにつれてまだ残っている紅葉が輝く

                      IMG_417001.jpg

                      カエデの赤がひときわ目立つ。

                      晩秋の山あるきも趣がある。

                      あとは雪がふるのを待つ山々なのだ。H

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      posted by: hashizume-c | 山登り | 21:25 | comments(1) | trackbacks(0) | - |