Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1月14日田代岳 レポート
0

    JUGEMテーマ:山スキー

    1月14日バックカントリーの聖地 田代岳1170mへ

    田代岳Gmap.jpg

    午前10時10分 

    テレマーカー3名、ゲストKBI、M橋、S藤と橋爪の4名

    P1140001.JPG

    荒沢登山口から出発

    P1140003.JPG

    ほぼ夏道にそって4合目770mまで登る。

    P1140010.JPG

    4合目からは尾根をまっすぐ1110mの9合目湿原まで直登する。

    快適なブナ林のトレッキングだ。

    林間が広くてきもちよい。

    DSC00611.JPG

    先行者のトレースがあり、迷うことはない。

    P1140015.JPG

    12時前には9合目湿原に飛び出す。

    無線で後発が300mほど後方にいると連絡がある。

    迷うことはないので、山頂を目指す。

    先行者が山頂直下にとりついているが、

    すぐに追いついてしまった。

    P1140016.JPG

    12時15分山頂に到着。

    先頭のM橋。山頂の鳥居付近でばんざいポーズ。

    珍しく無風。ゆっくりランチの予定だった。

    ところが、スノーモービルの大群が襲ってきた。

    DSC00621.JPG

    県立公園なのに、排気ガスと騒音で台無しだ。

    どうやら青森から来たらしい。

    処罰してほしい。

    昼食後午後1時10分下山へ

    P1140022.JPG

    せっかくの斜面はモービルの後でズタズタ。

    残念でならない。

    気を取り直してブナ林のパウダーをいただく

    S藤の華麗なすべり

    DSC0062702.jpg

    ゲストのKBIもがんばる。

    DSC0062602.jpg

    山スキーの橋爪

    DSC0062402.jpg

    M橋は早い

    P1140027.JPG

    ご機嫌な滑り。

    2時間かけて登ってもスキーはあっという間。

    それにしても見事な雪質。

    もう満足。

    今日も田代岳に感謝なのだ。H

     

     

     

     

     

     

    posted by: hashizume-c | 山登り | 13:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    1月14日田代岳バックカントリー
    0

      JUGEMテーマ:山スキー

      1月14日(日)好天予報。

      山スキーに行くしかない。

      白神山地 県立公園田代岳(1170m)へ。

      ブナ林の美しい森を山スキーで登る。

      田代岳02.JPG

      夏は深緑、秋は紅葉と美しい森である。

      田代岳03.JPG

      登山口から登ること2時間弱。

      田代岳01.jpg

      ブナ林のツリーラン。先週の練習の成果が生きているかな。

      詳細は後で。H

       

      posted by: hashizume-c | 山登り | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      正しい元旦
      0

        JUGEMテーマ:山スキー

        1月1日山小屋で新年を迎える。

        元旦の朝食はもちろんお雑煮。

        P1010480.JPG

        比内地鶏の出汁で造ったお雑煮。

        もちろんセリが加わる。

        お腹がいっぱいになったら運動する。

        ところが外は吹雪もよう。

        しかし正月早々ひるんではいけない。

        意を決して三ツ石山頂を目指す。

        三ツ石Google Earth.jpg

        山頂に近づくにつれて、強風が吹き荒れる。

        視界は10m程度。

        地図とコンパスで山頂へ到達。

        何も見えない。

        DSC04325.JPG

        細かい雪がゴーグルや眼鏡にはりつく。

        IMG_2492.JPG

        写真を撮るとすぐに下山。

        シールを装着したまま滑る。

        ホワイトアウトなので、前後左右どころか上下もあやしい。

        遭難せず小屋に到着

        あとは食べるしかない。

        まずはお汁粉

        IMG_2513.JPG

        北海道産の小豆につきたての御餅。

        ほっと一息。

        午後は山荘周囲の原生林のスノートレッキング

        IMG_2498.JPG

        こんな吹雪の中をルートファインディングの練習

        エスケープルートの確認を兼ねてアオモリトドマツの森へ。

        DSC04326.JPG

        地図とGPSで目的の奥産道へピタリと到着。

        IMG_2500.JPG

        帰りは来たルートを戻る。

        雪のまとった世界も趣がある。

        IMG_2511.JPG

        小屋に戻ると読書をするもの、日本酒を飲む者、記録を書くもの

        みな自由に過ごす。

        よい正月だ。

        おやつはたい焼き

        IMG_2518.JPG

        つまみは ししゃも

        IMG_2519.JPG

        ストーブがあると暖かく過ごすことができる

        IMG_2512.JPG

        室内は20℃

        元旦の一日は過ぎていく。H

        posted by: hashizume-c | 山登り | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        三ツ石山山スキー
        0

          JUGEMテーマ:山スキー

          矢留山岳会の恒例の三ツ石山正月山行。

          メンバーはS藤、M橋、橋爪の3名

          山スキーを楽しんできました。

          三ツ石Google Earth.jpg

          大晦日は好天

          岩手山から連なる稜線がくっきり見える

          PC310445.JPG

          午前11時30分 網張スキー場第3リフト終点から入山

          PC310453.JPG

          アオモリトドマツの樹氷は未完成だが、積雪は例年より多い

          40分ほどで大松倉山手前の鞍部

          PC310457.JPG

          山スキーで2名が降りてきた。登山ガイドとゲストのようだ。

          稜線上は風が強く飛ばされそうとのこと

          大松倉へ挑む

          DSC04284.JPG

          後方の岩手山をバックにM橋

          目出帽は橋爪

          DSC04287.JPG

          風速10m以上ある横風で顔面が凍傷にかかりそうだ

          雪煙が舞う稜線。

          PC310468.JPG

          左は絶壁なので注意が必要だ

          30分ほどで分岐に到着。

          写真左にポツンと山荘が見える。

          PC310469.JPG

          シールをつけたまま山荘を目指す。

          午後1時20分三ツ石山荘に到着。

          PC310472.JPG

          先客が4名。松川温泉から4時間かけて登ってきたとのこと。

          午後1時42分山頂へ向かう。

          真っ白な大斜面を一気に山頂へ。

          午後2時10分登頂
          DSC04299.JPG

          M橋、S藤ももう一つのピークで万歳

          山頂からは大展望が広がる。

          見事な岩手山

          IMG_2474.JPG

          冬の美しさは格別だ。

          山頂から滑走する

          IMG_2485.JPG

          あまりの気持ちよさに1本だともったいない。

          三ツ石Google Earth.jpg

          1400m付近まで登り返してもう1本。

          IMG_2483.JPG

          午後3時15分本日のお宿に到着。

          本日は大晦日

          薪ストーブを囲んで年越しである。

          (後半へつづく)H

           

           

           

          posted by: hashizume-c | 山登り | 13:25 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
          11月23日雪崩講習会
          0

            JUGEMテーマ:登山

            11月23日(祝)勤労感謝の日

            午後1時から矢留山岳会主催

            雪崩事故から学ぶ雪山講習会

            DSC_0013.JPG

            仙台からクライマーの鈴木孝さんを講師に招き、

            秋田県内から山岳連盟など関係者30名が参加。

            事故事例からリスクマネージメント学びました。

            体力、知識、事前準備

            何よりも安全に対する意識と帰る技術

            が大切。

             

            AAB朝日放送で取材がありました。

            夕方のニュースで早速流れていました。

            雪山で事故がないことを願っています。H

             

             

            posted by: hashizume-c | 山登り | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            11月22日(水)ザイル納め
            0

              JUGEMテーマ:登山

              11月22日(木)今週の雪が溶けるような陽気。

              午後仲間からメール

              「クライミングの練習します」

              午後7時外気温4℃ 八橋スポーツセンター

              集合したのは物好き4名。

              矢留山岳会のS藤、M橋、M嬢、橋爪
              PB220432.JPG

              ホールドをつかむ手が冷たかったが

              登るうちに身体が温まる。

              2017051821060000.jpg

              今年8月に左足抜釘手術をしたので、

              外壁にはあまり通えませんでしたが、

              2年前よりは上達したようです。

              外壁は春までお休みになります。H

               

               

              posted by: hashizume-c | 山登り | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              10月29日(日)マキ運び
              0

                JUGEMテーマ:登山

                10月29日(日)台風が接近。

                三ツ石山荘へのマキ運び。

                小雨の降る中いつもの登山口へ。

                入り口にブナの倒木。

                PA290411.JPG

                先日の台風で折れたようだ。

                車止めにもなっている。

                さらにもう1本。

                PA290425.JPG

                自然の力には逆らえない。

                マキが重いのでゆっくり歩く。

                PA290412.JPG

                雨にけぶる広葉樹の森。

                PA290414.JPG

                すっかり冬支度。

                アオモリトドマツはやがて樹氷になる。

                PA290416.JPG

                秋には涸れる水場。今年はまだ流れがある。

                PA290417.JPG

                10時45分山荘に到着。

                PA290418.JPG

                紅葉の時期には、混雑して室内に入ることができない山荘。

                今日は先客が1名のみ。

                PA290419.JPG

                マキをストックする。

                台風が接近する前に下山しよう。

                PA290420.JPG

                下山は荷物が軽い。

                PA290424.JPG

                今日は傘が役にたった。

                静かな山にも間もなく雪の季節がやってくる。H

                 

                 

                 

                 

                posted by: hashizume-c | 山登り | 23:12 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                10月9日(月)秋田駒ヶ岳 晩秋
                0

                  JUGEMテーマ:登山

                  10月9日(月)体育の日

                  秋田での研究会に来てくれた奈良県のSMY先生。

                  秋田駒ヶ岳に登るというのでお供しました。

                  バスはアルパこまくさ6時30分発で合流。

                  7時には八合目から登山を開始。

                  まもなく赤倉沢の紅葉が見渡せる。

                  IMG_2371.JPG

                  標高1000m前後までは見事な紅葉

                  IMG_2372.JPG

                  1時間ほどで阿弥陀池

                  6月にはチングルマなどの群落で彩られるが、今日はガス

                  一休みしてから男岳へ

                  横岳分岐でムーミン谷をのぞき込む

                  IMG_2379.JPG

                  緑と枯れた模様も趣がある

                  稜線から阿弥陀池を俯瞰

                  IMG_2381.JPG

                  まもなく冬がくる

                  いつもは大混雑の男岳山頂。

                  シャッターを押してくれる人を待って、記念撮影。

                  IMG_2377.JPG

                  この看板、初めて持った。

                  下山途中に大焼砂方面。

                  岩手県側が雲海になっている

                  IMG_2384.JPG

                  阿弥陀池小屋で小休止後女目岳へ。

                  ガスでなにも見えず

                  IMG_2385.JPG

                  風も強く、速やかに退散。

                  横岳経由で八合目へ下山

                  11時15分のバスでアルパこまくさまで戻る。

                  それでは本場のきりたんぽ。

                  IMG_2390.JPG

                  SMY先生はこの4日間で3回目のきりたんぽ。

                  田沢湖を眺めながら舌鼓を打つ

                  大満足とのお言葉。

                  この後温泉、角館へご案内。

                  また一緒に登ることをお約束。

                  満席のこまちで帰途へ。

                  また秋田へ来てくださいね。H

                   

                   

                   

                   

                  posted by: hashizume-c | 山登り | 20:44 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                  10月5日(木)森吉山 紅葉と初雪
                  0

                    JUGEMテーマ:登山

                    10月6日(木)

                    紅葉が見ごろだろうと思い午後から森吉山へ。

                    ゴンドラ山頂駅付近は見ごろを迎えている。

                    IMG_2356.JPG

                    石森ピークから雄姿

                    IMG_2324.JPG

                    草紅葉から終盤

                    山頂付近には積雪。

                    IMG_2333.JPG

                    もう山は冬の使者がきたのだ。

                    この連休はゴンドラで紅葉狩りが楽しめそう。

                    IMG_2361.JPG

                    寒さ対策は忘れずに。H

                     

                     

                    posted by: hashizume-c | 山登り | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    10月1日 2週連続三ツ石山へ
                    0

                      JUGEMテーマ:登山

                      10月1日(日)快晴

                      前夜10時過ぎ「明日の降水確率0%」

                      え・・・ならば行くしかない。

                      午前5時にタイマーをセット。

                      午前4時半に目覚めたのは年のせいか。

                      迷わず三ツ石山へGO

                      IMG_2246.JPG

                      青空に映える。

                      IMG_2251.JPG

                      山岳会のMYKさんにばったり遭遇。

                      IMG_2269.JPG

                      岩手山をバックに記念撮影

                      先週と比べると紅葉は中腹に降りてきた。

                      IMG_2260.JPG

                      それでも見事な草紅葉

                      先週いかれなかった三つ沼

                      IMG_2275.JPG

                      午後は秋田市でPinkリボンがあるので、今日はここまで。

                      やっぱり何度も行ってしまう三ツ石でした。H

                       

                       

                      posted by: hashizume-c | 山登り | 21:11 | comments(1) | trackbacks(0) | - |