Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
5月22日壁活の季節
0

    JUGEMテーマ:登山

    5月22日(火)快晴の一日

    夕方になっても気温は20度前後

    ここちよい風が吹く

    午後6時30分秋田市八橋スポーツ科学センターに集合

    リードクライミングの練習会

    矢留山岳会のメンバー

    M橋、MYK、S藤、橋爪の4名

    DSC_4286.JPG

    レベルに合わせて13mの壁を登る

    隣では、国体選手の練習

    P5220012.JPG

    さくさくとオーバーハングを登っていく

    しなやかな登りに感心することしきり。

    外遊びにも最適な季節になってきた。H

     

     

    posted by: hashizume-c | 山登り | 23:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    5月19日(土)鶴岡由紀子 出版記念講演会祝賀会
    0

      JUGEMテーマ:登山

      矢留山岳会鶴岡由紀子の

      ばりこの「秋田の山 無茶修行」

      51OpHJ5ykPL.jpg

      出版記念講演会祝賀会が開催しました。

      IMG_2634.JPG

      東京から出席予定のKWI君。

      前日から当日午前はこまち運休でしたが、

      こまち15分遅れで秋田駅に無事に到着との連絡。

      斎藤会長の挨拶から開演。

      IMG_2635.JPG

      鶴岡由紀子の約50分の講演

      成長していく姿を謙虚に話していました。

      (内容は本人のブログで紹介されると思います)

      参加者全員で記念撮影。

      IMG_2639.JPG

      久しぶりに会うメンバー、新入会のメンバーなど

      山に対する思いなど楽しい時間を過ごさせていただきました。

      2次会は駅前のお店へ。

      深夜まで話がつきることはありませんでした。

      皆さんありがとうございました。H

       

      posted by: hashizume-c | 山登り | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      4月29日(日)快晴の鳥海山
      0

        JUGEMテーマ:山スキー

        4月29日(日)快晴

        28日医局の総会があり思わず2次会へ。

        帰宅が午後11時過ぎ

        山スキーフリークのON先生から

        「今日鳥海山に行ってきました。最高でした」

        「・・・・」

        29日朝7時に目覚める。

        快晴・・・

        急遽準備を開始し鳥海山へ向かう。

        西目の定点各側地点。

        ソメイヨシノと鳥海山。

        IMG_2620.JPG

        山頂をズーム

        IMG_2619.JPG

        よしあそこまで登るぞ

        午前9時40分祓川は第2駐車場まで満車。

        スペースを見つけて路駐する。

        午前10時5分出発 はるかな頂きをめざす。

        P4290008.JPG

        風が強く、時々立ち止まる。

        おかげで汗はかかないが、押し戻される。

        七つ釜の分岐まで1時間ちょっと。ばてたので休憩。

        猿倉方面と秡川方面の表示。

        P4290009.JPG

        山頂は遠い。

        P4290011.JPG

        それでもスキーでなんとか登りきる。

        山頂到着午後1時10分  おー最短記録だ。

        山頂から秋田方面

        P4290015.JPG

        霞で遠望は利かないが絶景

        稲倉岳の向こうには日本海

        P4290014.JPG

        新山 今日は眺めるだけ

        P4290013.JPG

        雪が多く、斜面が緩やかにみえる

        2時下山 スキーで一気に下る。

        七ツ釜避難小屋はまだ雪の中だ

        P4290019.JPG

        今年は雪が多い

        30分ほどで下りてきた

        P4290020.JPG

        4kmのダウンヒル ザラメが快適だった。

        5月中は十分に滑ることができそうだ。H

         

         

         

         

         

        posted by: hashizume-c | 山登り | 19:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
        残雪の森吉山
        0

          JUGEMテーマ:山スキー

          4月22日(日)快晴の森吉山

          朝7時すぎに秋田を出発。

          午前8時45分には阿仁スキー場に到着。

          ちょうどゴンドラが動き出した。

          登山届を出し9時20分ゴンドラに乗車。

          IMG_2574.JPG

          同乗者は秋田市のテレマーカー

          毎週森吉山に来ているとの強者

          9時43分山頂駅からシール登行。

          アオモリトドマツが春の目覚めで緑に輝く

          IMG_2576.JPG

          風も穏やかで快調に進む

          20分ほどで石森(1308m)に到着

          IMG_2579.JPG

          登山者は2名ほどか。

          ここからの森吉山は均整がとれていて美しい

          IMG_2580.JPG

          右の避難小屋をめざす

          IMG_2583.JPG

          10分ほどで阿仁避難小屋

          前日からの不摂生からか、おなかが空いてうごけず

          思わず小休止。バナナなどでチャージ。

          避難小屋からの写真だと手前が広がってみえる

          IMG_2585.JPG

          10時30分出発。

          スキーなので最短ルートでほぼまっすぐに登る

          IMG_2586.JPG

          雪があるので、どこでも登ることができるのが楽しい

          碧い空に飛行機雲

          IMG_2588.JPG

          春山を満喫する

          山頂直下には夏道がでている

          IMG_2589.JPG

          10時53分山頂到着 

          絶景を楽しもうと思うも春霞で遠望はきかない

          秋田駒方面

          IMG_2590.JPG

          こちらは八幡平方面

          IMG_2591.JPG

          どこの山も賑わっているだろう

          が森吉山はしばらく単独だった

          南風が強く岩陰でランチとする

          11時17分スキーデポした場所からいよいよ滑走する
          IMG_2593.JPG

          ザラメが快適だ

          避難小屋の手前の沢まで滑りこむ

          滑るとあっという間だ。

          そこからシールを付け、石森まで戻る

          11時45分 振り返って森吉山

          IMG_2598.JPG

          石森でシールを外し山頂駅までは数分だった。

          帰りはゴンドラを利用。
          IMG_2600.JPG

          今シーズンパウダー山越えのパウダーアイスバーン

          ザラメ雪と山スキーを楽しませてくれた森吉山に感謝。

          次に来るのは花の季節だろう。H

           


           

           

          posted by: hashizume-c | 山登り | 19:02 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
          4月22日快晴なので森吉山
          0

            JUGEMテーマ:山スキー

            4月22日(日)快晴

            深夜に錦織圭が戦っている。

            応援して眠れなくなってしまった。

            快晴なら山スキーと決めていたが、朝は寝坊。

            遠方を考えていたが、森吉山に行先を変更。

            IMG_2598.JPG

            山頂直下からザラメ雪をぞんぶんに楽しみました。

            大満足でした。

            詳細は後日(つもり)。

             

            posted by: hashizume-c | 山登り | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            4月8日(日)クライミング認定講習会
            0

              JUGEMテーマ:登山

              4月8日(日)秋田県スポーツ科学センターで

              今年度のクライミング認定講習会が開催。

              講義と実技講習を受けて、認定証がないと

              クライミング壁が使用できない。

              矢留山岳会のM橋、ばりこと私は更新。

              新人MTOは初めての認定講習会。

              親に連れられて小学生も一緒である。

              午前は机上講義とロープワーク。

              自己流になっていることに気づく。

              午後は寒風の中実技。

              DSC_0067.JPG

              実際にホールドをつかむと、登りたくなる。

              クライミングの季節がまもなく始まる。H

               

               

               

              posted by: hashizume-c | 山登り | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              4月5日(木)秋田駒ヶ岳
              0

                JUGEMテーマ:山スキー

                毎週木曜日は手術と外勤日になっているが、

                半年に1日程度は、オフの日を作るようにしている。

                この高気圧を待っていた。

                しかし、前日の雨に加え寒気が入り込み

                雪山はあまりよい条件ではないだろう。

                午前6時の天気を確認し、安全第一とする

                目標は秋田駒ヶ岳。

                午前7時秋田を出発、8時40分アルパこまくさに到着。

                駒ヶ岳の上部は雲が絶え間なく流れている。

                風が強そうだ。

                P4050004.JPG

                準備をしていると、CATが降りてきた。

                八合目まで¥3000。30分で1300mまで運んでくれる。

                2時間歩くことを考えると妥当なのかもしれないが、

                今日はトレーニングを兼ねている

                午前9時5分旧田沢湖高原スキー場をひたすら登る。

                P4050007.JPG

                約1時間で標高1040m

                ここからはバス道をショートカットしながら八合目小屋を目指す。

                P4050010.JPG

                カーブミラーがほとんど埋まるくらいの積雪。自撮りです。

                森林限界をこえると標識が見えてきた。

                P4050013.JPG

                午前11時八合目小屋到着。

                夫婦連れがいたので様子を聞く

                上部には6人いるらしい。CATで上がってきたようだ。

                「天気があまりよくないので」とスキーで下山していった。

                さて、風がつよいが女目岳は目視できる。

                P4050015.JPG

                11時10分スキーアイゼンを装着して阿弥陀池を目指す。

                1500のピークを巻くように登る。

                足元はアイスバーンで油断すると滑る。
                P4050018.JPG

                慎重に慎重にゆっくり登る。

                怖い斜面をなんとかトラバース。

                正面に女目岳。

                P4050019.JPG

                シュプールがひとつもない。

                左手に阿弥陀池小屋

                P4050021.JPG

                このまま女目岳を直登することに。

                斜面をジグザグに刻みながら山頂直下10mでスキーを外す。

                午後0時48分山頂。

                P4050023.JPG

                半年ぶりだ

                男岳。雲が切れたようだ。

                P4050024.JPG

                西からの風が強く立っていられない。

                阿弥陀池を俯瞰する。中央の氷が阿弥陀池

                P4050025.JPG

                田沢湖も

                IMG_2552.JPG

                阿弥陀池小屋がかなり下に見える

                IMG_2554.JPG

                午後1時6分 スキーで滑走開始。

                最初のターンは慎重に回る。転ぶわけにいかない。

                アイスバーンに雪がわずかにのっているが

                スキーがよく走る

                P4050026.JPG

                登るのに40分もかかるのに、滑ると一瞬だ。

                山スキーのだいご味。

                結局阿弥陀池小屋には寄らず、八合目小屋を目指す。

                こわいトラバースは、下りの勢いがあるとさほどでもない。

                P4050030.JPG

                正面に乳頭山への縦走路が見えた。

                あとは八合目小屋までだ、と思ったら見事に転倒。

                それでも下山はあっという間だ。

                10分ほどで八合目小屋

                IMG_2559.JPG

                下りたら晴れるの法則とおり、上空には青空。

                小屋前でおにぎりを食べて一息。

                午後1時20分八合目を出発。

                バス道を適当にショートカット。

                林の中をビュンビュン飛ばす。

                ダケカンバに標識 古くから山スキーのルートなのだ

                P4050031.JPG

                ゲレンデトップまでノンストップ

                旧スキー場はほとんど直滑降と大回りターン

                あっという間にアルパこまくさに到着

                IMG_2561.JPG

                やっと全容が見えた。

                あそこから一気に降りてきた。

                山スキーの機動力は魅力的だ。

                温泉でひと風呂あびて秋田に戻ろう。H

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                posted by: hashizume-c | 山登り | 21:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                ばりこの「秋田の山 無茶修行」発売開始
                0

                  JUGEMテーマ:登山

                  矢留山岳会の鶴岡由紀子作の登山紀行が無名舎出版から

                  このたび発売になりました。

                  ばりこ.jpg

                  秋田県内の山々などを季節の移ろいを丁寧に表現しています。

                  山登りを通じて、本人が成長していく過程がよくわかります。

                  自然や人に対する謙虚な姿勢が感じられます。

                  山仲間もよく描写されており、橋爪も登場しています。

                  アマゾンでも購入できますし、クリニックでも販売を開始しました。

                  みなさんにおすすめします。

                   

                   

                  posted by: hashizume-c | 山登り | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  3月21日森吉山アイスバーン
                  0

                    JUGEMテーマ:山スキー

                    3月21日(祝)春分の日

                    なんと北東北のみ晴れマークに前夜に気づく。

                    であれば山スキーに行くしかない。

                    午後3時から東北厚生局の集団指導あるので、

                    山頂から秋田に戻れるところは、森吉山。

                    午前7時前秋田市を出発。

                    午後8時30分阿仁スキー場に到着。

                    能代のお師匠さんのAWJ先生にばったり。

                    P3210046.JPG

                    昨年も同じ日に森吉山でお会いしている。

                    ご一緒させていただく。

                    P3210042.JPG

                    昨年は樹氷群が立派でした

                    今年はすでに樹氷はありません。

                    そのかわり、すべてアイスバーン。

                    山頂から山麓まですべてガリガリでした。

                    お師匠さんのおかげで楽しく過ごすことができました。

                    詳細は後日。H

                     

                    posted by: hashizume-c | 山登り | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    山仲間の出版決定
                    0

                      JUGEMテーマ:登山

                      矢留山岳会のメンバー鶴岡由紀子さんのブログ

                      4月上旬、本として出版されることになりました。

                      ばりこ.jpg

                      本ではおそらく私も登場すると思います。

                      クリニックでも販売予定です。

                      入荷次第お知らせいたします。H

                      posted by: hashizume-c | 山登り | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |