Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
8月18日(日)秋田駒ヶ岳
0

    JUGEMテーマ:登山

    北アルプスから戻ってから、エアコンで体調がよくない。

    汗をかかない生活があわないようだ。

    8月18日猛暑。

    涼しいところに行くはずだったが、朝起きれず。

    午前8時前やっと秋田を出発。

    駒ケ岳方面に向かい、目標は現地で決める。

    結果は秋田駒ヶ岳

    IMG_3881.JPG

    おやつは阿弥陀池のほとりで

    IMG_3892.JPG

    山頂は少しだけ涼しい風が吹くが、真夏の縦走は....

    詳細は後日の予定 H

     

     

    posted by: hashizume-c | 山登り | 21:56 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    8月13日縦走3日目下山
    0

      JUGEMテーマ:登山

      8月13日 縦走3日目  初日 2日目はこちら

      午前3時30分起床

      空には満天の星。中央には天の川が流れている。

      カシオペア座のWから北極星を見つける。

      ペルセウス座は北東方向だったなと思っていると

      立て続けに星が横切った。

      テントの入り口から頭を出してたたずむ。

      この星空を観るのも今回テント泊縦走の目的だ。

      朝食は簡単にすませるというか、あまり食欲がでない。

      新穂高温泉発午後1時40分の松本行のバスに乗る必要があるので、

      午後1時には到着したい。コースタイムは8時間。

      午前4時55分 テント場を出発 

       

      P8130078.JPG

      振り返ると三俣山荘と鷲羽岳(わしばだけ)

      いつかまた来よう

      5時15分 朝日が昇る

      P8130082.JPG

      今日は槍ヶ岳が近づく。

      ちょうど1年前に踏破した北鎌尾根

      ビバークしたP13は写真ではほぼ中央あたり

      P8130089.JPG

      三俣蓮華岳(2841)分岐まであと少し

      P8130091.JPG

      5時32分 三俣蓮華岳への分岐へ到着

      P8130096.JPG

      ここからは巻道を行く。双六小屋まで1時間40分

      丸山(2854)も氷河地形

      P8130092.JPG

      巻道とは言え、下りだけでなく登りもある

      双六小屋がみえた。むかって右側にキャンプ場。

      P8130097.JPG

      7時7分 双六小屋に到着

      お手洗いを借りる(¥100)

      朝食の残りと行動食のパンをかじる。

      7時30分出発 

      鏡平小屋まで1時間40分。新穂高まで5時間20分。

      P8130098.JPG

      双六キャンプ場は池のほとりで素敵な場所だが、

      8月11日は大混雑だったとのこと。

      双六岳も氷河地形なのだ

      P8130102.JPG

      弓折岳までアップダウンが続く

      槍ヶ岳への西鎌尾根の稜線が手前から延びる。

      P8130107.JPG

      槍ヶ岳から穂高への稜線も迫力がある

      大キレット、北穂高、涸沢岳、奥穂高

      P8130114.JPG

      奥穂高に登ったのは8年前だ

      槍ヶ岳はどこから観ても絵になる

      P8130117.JPG

      8時35分分岐

      P8130118.JPG

      ここから小屋までは1時間

      300mを一気に下る。それにしても暑くて倒れそうだ。

      9時10分 鏡平小屋

      P8130121.JPG

      お目当てはもちろん

      P8130122.JPG

      いちご+練乳のかき氷¥600

      P8130123.JPG

      生き返った

      9時30分出発 ワサビ平まで2時間30分

      鏡平は有名な写真スポット

      P8130124.JPG

      水面が鏡のようになるという。

      それにしても暑い。体感温度は30度は越えている。

      1時間ほどで2Lのポカリスエットが底をついた。

      林道の木陰でしゃがみこむ。

      予備の水1Lをハイドレーションバックに移す。

      10分ほど休み再び歩き出す。

      数分で沢に出くわした。

      P8130125.JPG

      頭から水をかぶる。復活した。

      さらに数分で秩父沢。皆はここで休んでいた。

      P8130126.JPG

      30分あるいてさらに水浴び。

      そうしないと暑くて倒れてしまいそうだった。

      11時57分 さわび平小屋

      P8130131.JPG

      ここからは1時間で下山できる。

      ちょうどお昼時で周囲はソーメンを食べている。

      ここでオレンジ¥200とポカリスエット¥300を購入

      P8130130.JPG

      オレンジを丸かじり。ポカリをがぶ飲み。

      残ったポカリをハイドレーションバックに入れる。

      12時20分出発。コースタイムは1時間

      ここからは林道を早歩き。

      午後1時10分 新穂高温泉へ到着。

      P8130132.JPG

      44kmを3日間で歩いてきた。

      還暦前の記念登山。

      北鎌尾根を俯瞰しペルセウス座流星群を観ること。

      ともに目標を達成することができた。

      すべてに感謝した。

      (8月15日記)

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: hashizume-c | 山登り | 23:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
      8月12日縦走2日目
      0

        JUGEMテーマ:登山

        8月12日縦走2日目  初日はこちら  3日目はこちら

        午前3時30分起床

        テント場では午前2時ころから出発準備をするグループがある。

        静かに、静かに行動していて、マナーを守っている登山者が多い。

        ダウンジャケットを着てテントの外に出る。

        満天の星空だ。

        スー、スーと流れ星が立て続けに空を横切る。

        今年も会うことができた。

        午前5時出発。今日が縦走のメインだ。

        予定行動時間は10時間。

        テント場からは半分くらいが出発しているようだ。

        P8120023.JPG

        ご来光まであと数分。

        太郎平のピークでしばしたたずむ。

        はるかかなたに槍ヶ岳。

        P8120025.JPG

        朝日が北ノ俣岳(2661)を照らす。

        P8120032.JPG

        5時30分 まずは北の俣岳を目指す。

        太郎平小屋裏の分岐。

        P8120033.JPG

        ここを左に行くと薬師沢から雲の平。

        今回はまっすぐ稜線を行く。

        朝露にかがやくチンググルマ

        P8120037.JPG

        緩やかな稜線を行く

        ニッコウキスゲやヨツバシオガマ

         

        P8120038.JPG

         

        はるか南には雲海の上に白山

        P8120039.JPG

        気持ちの良い稜線 雪渓も残っている』

        P8120045.JPG

         

        7時25分 北の俣岳(2661m)

        P8120046.JPG

        ここからは緩やかなアップダウンが続く

        目指すは黒部五郎岳 コースタイムは3時間

        赤木岳(2624m)山頂から

        P8120052.JPG

        黒部五郎岳の手前から300mの急登

        重いザックにあえぎながら脚を運ぶ

        10時46分 黒部五郎岳の肩に到着

        P8120055.JPG

        荷物をデポし、山頂へ向かう

        10時57分 登頂。

        順番待ちをして記念撮影

        バックは北鎌尾根

        北鎌尾根の稜線をこの目で見たくて今回の縦走になっているのだ

        肩で小休止

        11時37分 氷河で削られたカールを下る

        黒部五郎小屋までコースタイムは1時間40分

        しかしあまりの暑さに水が足りなくなった

        カールの底で水を浴びる

        これも黒部川の源流

        やっと小屋を捉えた

        前後して歩いていたグループはここでキャンプするとのこと

        13時12分 黒部五郎小屋に到着

        記念のバッチ(¥600)とポカリスエット(¥550)1本を購入

        あまりの暑さに食欲がわかず、ポカリスエットで歩いている。

        13時24分出発。

        三俣蓮華までコースタイムは2時間40分

        いきなり300mの登り、2660mのピーク手前でダウン寸前

        チングルマやハクサンイチゲに癒される

        P8120071.JPG

        同じ方向に歩くグループを励まし合いながら登る。

        15時小屋への分岐点

        P8120072.JPG

        双六小屋に向かうグループと別れる

        三俣蓮華岳の斜面もなだらからカール

        P8120073.JPG

        トラバースがちょっと緊張する

        やっと小屋が見えた。

        手前には初めての雪渓ルート

        P8120075.JPG

        16時キャンプ場に到着

        双六岳方面に少し上った雪渓脇にテントを設営

        隣は東京からの二人連れと浜松からの青年

        皆タフだ。

        小屋は大混雑。定員の2倍以上は宿泊だろう

        夕食は簡単に済ませるというかあまり食欲がわかない

        今日は何キロ歩いたのだろう。

        小屋でテント場の受付をして、ポカリスエット(¥500)を購入。

        イワシの缶詰を浜松の青年に分ける。

        白米で味が足りなかったので喜んでいた。

        P8120077.JPG

        午後7時就寝

        午前4時にタイマーをセット。

        となりのテントのいびきなどを聞きながら眠りに落ちた。

        (8月14日記)

        3日目はこちら  1日目はこちら

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        posted by: hashizume-c | 山登り | 23:42 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
        8月11日北アルプス遠征初日
        0

          JUGEMテーマ:登山

          8月11日山の日 北アルプス縦走初日。

          (2日目3日目はこちら)

          先日深夜に富山駅前のホテルに泊まる。

          富山駅5時30分発のバスで折立へ。

          P8110006.JPG

          定員40名ほどだが、登山を計画した段階では満席。

          一時は諦めたが、3日前に偶然にゲット。

          午前7時30分登山口 標高1350m

          P8110007.JPG

          見たことがないくらい大勢の登山客。

          この人たち全てが山に入るなんて信じられない。

          そういう自分も遠方からわざわざ来ている。

          午前8時出発。コースタイムは5時間。

          3日分の食料とテント、水など20圓硫拱。

          暑さも加わり、ゆっくりゆっくり登る。

          9時30分標高1870m 三角点

          P8110008.JPG

          展望が開ける。中央に剣岳。

          2000mを越えると草原状になる。

          目標の太郎平小屋が見えてきた。 もう少し。

          P8110014.JPG

          太郎平小屋で登山届を提出する。

          小屋では布団1枚に2〜3人とのこと。

          P8110015.JPG

          アクエリアス¥400 1本購入。

          薬師峠キャンプ場所はここから20分

          P8110016.JPG

           

          12時30分キャンプ場。標高2294m。

          良い場所をゲットできた。

          P8110018.JPG

          ところが、つぎから次へと登山客が到着する。

          お隣さんに地元の親子が到着。場所を譲り合う。

          冷たい水が豊富で、バイオトイレも設置されている。

          P8110021.JPG

          次から次へと到着する登山者。

          P8110020.JPG

          この日はどこのキャンプ場も記録的な数だったとのこと。

          体力温存に努めるが、あまりの暑さに昼寝もできない。

          日がかげるころ夕飯。

          P8110019.JPG

          きわめてシンプル。レトルトのシチューが美味

          お隣さんからキュウリをいただく。

          P8110022.JPG

          丸かじり。

          夕陽が沈むとやっと風が涼しくなった。

          午後7時には就寝。午前4時に起床しよう。

          ペルセウス座流星群が楽しみだ。

          (8月14日記録)

          2日目へ

           

           

           

           

          posted by: hashizume-c | 山登り | 23:01 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
          8月4日(日)太平山 篭滝沢 沢登り
          0

            JUGEMテーマ:北東北

            8月4日 秋田も猛暑

            暑い日はとても登山はできない。

            矢留山岳会の会山行では沢登り

            秋田市近郊の太平山の篭滝沢

            P8040046_xlarge.JPG

            30mの大滝

            滝のしぶきに打たれてきました。

            滝つぼで泳いだり、シャワークライミングで

            涼しく過ごしました。

            詳細は明日にでも。H

            posted by: hashizume-c | 山登り | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            7月27日(日)三ツ石山
            0

              JUGEMテーマ:登山

              低気圧の接近で天気予報が読めず。

              折角の日曜日なので山には行きたい。

              秋田駒か三ツ石かは雲の状態で決めるとして

              午前6時に出発。

              田沢湖まで来ると、駒ヶ岳には厚い雲。

              仙岩峠を抜けることにする。

              岩手山が山頂まで見えたが、先週登っているのでパス。

              三ツ石でまったりする。

              8時40分駐車場を出発。

              IMG_3791.JPG

              この時点で駐車場は満車。さすがに人気の山だ。

              いつもは見える乳頭山。今日は雲の中。

              IMG_3792.JPG

              舗装道路を30分ほどあるいて登山口

              IMG_3793.JPG

              熊に注意の看板のせいで、老若男女が鈴をつけている

              あまりの数にすこし煩わしく思う。

              5分ほどで分岐。ブナの木立が優しい。

              IMG_3795.JPG

              ここから急な登り。

              20分ほどで三ツ石山が左手に見える

              IMG_3797.JPG

              山荘前は団体さんで渋滞

              IMG_3798.JPG

              でもガイドさんがしっかり指示している。

              山荘脇にみつけたクルマユリ

              IMG_3801.JPG

              夏の花だ。

              混雑している山荘にはよらず、山頂へ向かう

              斜面にはニッコウキスゲがお出迎え

              IMG_3807.JPG

              オレンジがひときわ目立つ

              夏の空とニッコウキスゲ

              IMG_3809.JPG

              写真を撮りながら山頂へ。

              IMG_3812.JPG

              山頂直下から山荘を俯瞰する

              IMG_3811.JPG

              いつもはスキーで滑る大好きな斜面

              正式な山頂は少し奥にある

              IMG_3813.JPG

              今日は数名しかいない

              10時11分山頂

              IMG_3814.JPG

              山頂は東から雲がながれている

              大深山方面はガス

              IMG_3818.JPG

              ここで休憩。おやつとコーヒー

              岩手山が雲のなかから現れるのをひたすら待つ。

              IMG_3817.JPG

              これ以上待っても無理かな。

              11時山頂を出発

              撮影しながら チシマキキョウかな
              IMG_3820.JPG

              ハクサンフウロ

              IMG_3823.JPG

              ニッコウキスゲと山荘

              IMG_3828.JPG

              下りは早い

              IMG_3831.JPG

              夏山もよい

              せっかくだからいつもの場所で記念写真

              IMG_3832.JPG

              水場。ほんの僅かにでているだけ。間もなく枯れるかも。

              IMG_3836.JPG

              下山途中。乳頭山方面。1200mより上部は雲の中

              IMG_3840.JPG

              ブナの木陰はきもちよい

              IMG_3841.JPG

              12時19分駐車場に到着

              IMG_3844.JPG

              このすぐ下が工事中で驚いた。

              IMG_3843.JPG

              地熱調査とか。

              紅葉の時期、駐車できずに混乱すること必至かも。

              夏山は暑い。今日は水分補給はうまくいった。

              今日も山の神様に感謝なのだ。H

               

               

              posted by: hashizume-c | 山登り | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              7月21日(日)岩手山2038m
              0

                JUGEMテーマ:登山

                7月21日参議院選挙。

                期日前投票をきっちり済ませておいた。

                天気予報が突然晴れ。これは困った。予定外の好天だ。

                ならば岩手山のコマクサだ。行くしかない。

                気合いを入れてまだ暗いうちに秋田を出発。

                午前6時焼走り登山口を出発。しばらくはガスの中

                IMG_3720.JPG

                雑木林の中をゆっくり進む。

                標高1000mを越えると雲海の上にでた。真夏の太陽だ。

                IMG_3723.JPG

                第2噴火口から上部は晴れている

                IMG_3722.JPG

                砂礫帯に小さいピンクが目立つ。

                コマクサロードの始まりだ

                IMG_3730.JPG

                見栄えもよく立派

                IMG_3736.JPG

                見事な群落だ。写真を撮っていると足が進まない

                それにしても見事だ

                IMG_3739.JPG

                これほどの群落は日本一かもしれない

                喘ぎながら不動平へ到着

                ここまで3時間半

                IMG_3745.JPG

                奇岩のもとの避難小屋

                IMG_3750.JPG

                ここからは400mの登り

                登りはつらいが見事な展望

                IMG_3752.JPG

                八幡平の稜線が雲海の上

                ズームで三ツ石山

                IMG_3754.JPG

                いつもは三ツ石山から岩手山を臨んでいる

                昨年通った御苗代湖

                IMG_3755.JPG

                山頂の稜線直下にもコマクサの群落

                IMG_3758.JPG

                標高2000mの稜線

                IMG_3760.JPG

                山頂まであとわずか

                午前10時40分 山頂到着

                IMG_3763.JPG

                夏の日ざしがまぶしい

                周囲は雲海。今日も絶景。

                下りは早い。わずか2時間半。ただし脱水になりかけた。

                念願のコマクサにも会えて満足した山行だった。H

                 

                 

                 

                posted by: hashizume-c | 山登り | 21:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                7月7日花の森吉山
                0

                  JUGEMテーマ:花紀行

                  7月7日(日)久しぶりの休日の快晴は森吉山の花めぐり

                  午前7時30分すぎ秋田市を出発

                  阿仁スキー場ゴンドラ駅には9時過ぎに到着。

                  ガイドのミキティを久々にご対面。

                  ガイド業が繁盛している様子

                  快晴だが、稜線を吹く風が心地よい

                  IMG_3639.JPG

                  雪の時期とは違った趣がある山だ

                  まずはイワカガミ

                  733.jpg

                  登山道の脇におとなしく咲いている

                  この花の名前は・・・・ランとミキティに教わった

                  736.jpg

                  (わかる方いますか)

                  シラネアオイは終盤。少し暑そう

                  IMG_3640.JPG

                  チングルマは葉を落として風にそよいでいる。

                  IMG_3648.JPG

                  青い空にチングルマの花弁

                  IMG_3646.JPG

                  最盛期は見事だろう

                  シャクナゲもよい色をだしている

                  739.jpg

                  ハクサンフウロ 夏の花だ。

                  IMG_3649.JPG

                  ニッコウキスゲは見ごろ

                  IMG_3638.JPG

                  山頂付近は団体客で混雑。

                  でもみな満足したことだろう。

                  夏山登山のシーズンが始まった。H

                  posted by: hashizume-c | 山登り | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  6月23日ロッククライミング@鎌倉山
                  0

                    JUGEMテーマ:登山

                    6月23日(日)矢留山岳会のメンバーで岩登り

                    仙台市作並の鎌倉山

                    標高600mほどの低山だが、200mほどの岩壁がある。

                    東北地区のマニアでは有名な場所

                    P6230011.JPG

                    高度かんは満点。

                    P6230010.JPG

                    雨でぬれた岩に通常の倍以上の時間がかかったが、何とか完登。

                     詳細は後日に。H

                    posted by: hashizume-c | 山登り | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    6月18日登山塾 講師
                    0

                      JUGEMテーマ:登山

                      6月18日午後7時から秋田市遊学舎で

                      「ばりこの登山塾」の講師を担当。

                      テーマの通り遭難事故を詳細に報告しました。

                      P6180007.JPG

                      山岳遭難しないためには、装備、知識、技術

                      それに加えて仲間が大切だと。

                      今回準備をしていろいろな記憶がもどりましたが、

                      安全登山に役に立てば、講師を引き受けたかいがあります。

                      参加していただいた方々に感謝いたします。H

                      posted by: hashizume-c | 山登り | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |