Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
10月5日(土)南谷病院長就任祝賀会
0

    JUGEMテーマ:がん全般

    秋田大学医学部付属病院病院長の南谷佳弘先生の

    病院長就任を祝う会を同級生で催しました。

    川反の老舗料亭に23名が集まりました。

    IMG_3959.JPG

    3年ぶりのプチ同窓会です。

    当初は秋田市内のメンバー10名ほどで行う予定でしたが、

    秋田県外から東京や新潟からも駆け付けてくれました。

    幹事は秋田厚生医療センターのS藤先生と橋爪

    IMG_3963.JPG

    せっかくですので、ツーショット

    IMG_3994.JPG

    近況報告や激励や時には忖度が飛び出していました。

    「同級生はありがたきかな」

    2次会、3次会までよい時間をすごしました。H

    ラグビーも勝ちましたね。

     

     

    posted by: hashizume-c | 医療 | 23:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    9月22日陸前高田でセミナー
    0

      JUGEMテーマ:緩和ケア

      9月22日(日)陸前高田市の市民ホール

      シンガポールホールと名前がついている。

      震災時のシンガポール政府の寄付金によって完成したとのこと。

      復興住宅や公園、ホールなど整備されている。

      午前9時からのセミナー盛りだくさん。

      尊敬する先生方の講義を直接聞くことができる。

      鈴木勉先生 

      臨床の疑問をいつも科学的な実験から証明してくれている。

      モルヒネの身体依存や精神依存の講義

      P9220016.JPG

      痛みのある状態では精神依存は起こらない。

      いつも「なるほど」と思う。

       

      口腔ケア。

      がん研究センターの第一人者上野先生

      P9220017.JPG

      口腔内環境がいかに大事かを再度認識。

       

       午後のセッション

      女子医大の林和彦先生。

      厚労省で一緒にお仕事した先生

      「がん教育」の先導者

       久しぶりの対面にお互い握手。

      P9220018.JPG

      医師ながら教員免許を取得。

      行動力がみなぎる。

      充実した講義ばかり。

       

      「Life&Beauty」のさとう桜子さんにもご対面。

      これは明日にでも報告します。H

      さとう桜子

       

      posted by: hashizume-c | 医療 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      9月7日(土)がん5年生存率の意味するもの
      0

        JUGEMテーマ:がん全般

        9月5日(土)秋田魁新報「聴診記」に

        8月に国立がん研究センターから発表された

        「がん3年生存率、5年生存率」について投稿しました。

        以下本文。

        国立がん研究センターは先月、2009〜10年の2年間にがんと診断された患者の5年生存率と、12年に診断された患者の3年生存率を発表しました。それによると、全がんの5年生存率は66・1%、3年生存率は72・1%でした。

         ここでいう生存率は、がん以外の死亡の影響を取り除いた「相対生存率」を指します。生存率を算出することで、何が分かるのでしょうか。

         公表されたデータを病気の進行度別にみると、早期(鬼)では胃がんが3年96・9%、5年94・6%、大腸がんが3年96・4%、5年95・4%、乳がんは3年、5年とも99・8%となり、生存率はいずれも9割以上でした。期発見がいかに大事かが、改めて分かります。

         一方、他の臓器に転移がある鹸の場合、生存率は胃がんが3年10・3%、5年9・0%、大腸がんが3年30・5%、5年18・7%、乳がんは3年56・6%、5年37・2%と、厳しい結果でした。

         ここで注意したいのは、病期別の生存率は治療の目安になりますが、必ずしも全ての患者さんに当てはまるわけではないことです。5年生存率は、5年前に診断された時点から治療を始めた人の統計であって、これから治療を始める人の結果ではありません。この5年の間に、新規の治療薬などが開発されたことは以前本欄でも紹介しました。

         クリニックで、患者さんから「あとどのくらい生きられるのか」と聞かれることがあります。筆者の場合はまず、「どうしてそれを知りたいのか」を患者さん自身に問い掛けるようにしています。

         今回の発表では都道府県別、がん診療連携拠点病院別に、患者の病期(ステージ)、手術などの実施別の生存率も算出されています。本県のデータは、概して全国平均とほぼ同じ傾向でしたが、施設間では若干の相違がありました。

         がん患者の生存率は、がんの病期や年齢、性別に加えて、他の疾患を併発しているかや、身体機能の状態の影響を強く受けます。施設ごとの相違はそういったばらつきからくるものであり、診療内容そのものの差ではありません。また、高齢者の多い本県では、高齢者の少ない施設と生存率を単純に比較することにはあまり意味がありません。

         本県では、秋田大学を中心にがん診療体制の構築が進められてきました。県民一人一人が、がんに対する正しい知識を持つことも必要だと思います。

         (はしづめ・たかひろ はしづめクリニック院長、秋田市)

        posted by: hashizume-c | 医療 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        8月1日(木)盛岡出張
        0

          JUGEMテーマ:緩和ケア

          8月1日岩手医科大学高度看護研修センターでの講義

          朝7時16分のこまち号で盛岡へ。

          P8010008.JPG

          盛岡駅には午前8時48分定時到着。はやぶさ号と連結する。

          今日は午前9時から午後6時までの長丁場。

          症状緩和の講義は、今年で8年目。

          テーマは「呼吸困難」

          パートナーは、友人緩和ケア認定看護師Y口さん。

          現在某病院の看護部長さん

          P8010009.JPG

          病態生理、治療は橋爪が担当して、ケアはY口さんの担当。

          事例検討を含め、かなりがっちりとした内容。

          受講生13名のレベルは高くみな熱心だ。

          講師もそれに応えなくてはいけないと思う。

          終了後、おまつり気分で盛り上がる大通りへ。

          さんさ踊り 初日なのだ
          P8010012.JPG

          老若男女が太鼓をたたき、お囃子に合わせて踊り歩くのは壮観。

          学校単位、地区単位、企業単位で演武を競う。

          東北の夏祭りの開始なのだ。

          大勢の観客の前で披露する姿には、心を打たれる。

          北国の秘めたエネルギーを十分に感じることができるお祭りなのだ。

          盛岡の街が輝いてみえた。H

           

           

           

          posted by: hashizume-c | 医療 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          7月26〜30日 医家美術展
          0

            JUGEMテーマ:北東北

            7月26日から開催されている医家美術展

            秋田市アトリオン 

            DSC_0119.JPG

            秋田駅から5分ほど

            2階に上がると

            DSC_0118.JPG

            立派な金の看板

            この会場 院展にも使うのだ

            DSC_0117.JPG

            綺麗な室内に等間隔に展示

            師匠の淡路先生の写真も素晴らしい

            小生は2作品

            ソメイヨシノと鳥海山

            IMG_3486.JPG

            菜の花の香り

            IMG_3568.JPG

            7月30日まで開催しています。

            お近くにおいでの方はお立ち寄りください。H

             

             

            posted by: hashizume-c | 医療 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            7月20日(土)患者会を開催
            0

              JUGEMテーマ:がん全般

              7月20日(土)午後2時30分〜乳がんの患者会を開催しました。

              参加者は17名。初参加の方も数名。

              先週の乳がん学会で発売された

              「患者さんのガイドライン」

              のショートレクチャーを行いました。

              1、遺伝子検査について

              2、長期化するホルモン療法

              3、イソフラボンや乳製品について

              後半は、Q&A

              初参加の患者さんから、経験者への質問。

              末梢神経障害や脱毛などについて

              経験者からより具体的に回答していただきました。

              ホルモン療法の副作用も関心が高いようです。

              皆さん優しい方ばかり。

              私もスタッフも学ばせていただきました。

              参加していただいてありがとうございました。H

               

              posted by: hashizume-c | 医療 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              7月18日(木)がん教室(備忘録)
              0

                JUGEMテーマ:がん全般

                7月18日(木)午後

                秋田市立城東中学校

                健康講和会「10代のためのがん教室」

                今年度は中学校の独自開催

                橋爪の講義と患者さんの体験談、後半はグループワーク

                講義では、「がんちゃん」のビデオを数本と

                文科省の「がん教育」スライドをチョイスする。

                146名の生徒が集まると体育館は熱気がこもる。

                途中で「はい、起立」「深呼吸」

                などまるで学校の先生の気分。

                患者さんの体験談は、やはり生徒の胸を打つ。

                後半のグループワークでは、「心のケアが必要」

                質問コーナーでは

                「「早く良くなってね」と言う言葉は、適切なのでしょうか」

                と鋭い質問が。

                「病気は状態による」と患者さんが回答。

                「頑張れ」ではなく「頑張っているよね」と共感がよい

                と応えました。

                将来の秋田を担う中学生に「がんについて正確な情報」

                を伝えることは意味のあることだと思います。

                若い中学生に接して、新鮮な気持ちにもなりました。H

                posted by: hashizume-c | 医療 | 20:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                第27回日本乳がん学会
                0

                  JUGEMテーマ:がん全般

                  7月11〜13日新宿で乳がん学会学術総会が開催された。

                  12、13日とクリニックを休診にして参加。

                  DSC_0077.JPG

                  テーマは「乳がん患者の心と身体のケア」

                  ゲノム医療など新しい治療方法などが日進月歩のこの時代

                  あらためて「心と身体のケア」をテーマとした佐伯会長にエール。

                  12日13日ともに朝7時30分からのセッションに参加。

                  ほぼ1日中座学を聞いていた。

                  就労支援や子供のケアなど普段考えていることの裏付けができた。

                  DSC_0075.JPG

                  東京は小雨模様。梅雨空が2週間続いているらしい。

                  学会の報告は来週の患者会で。H

                  posted by: hashizume-c | 医療 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  7月13日(土)秋田魁新報「聴診記」
                  0

                    JUGEMテーマ:がん全般

                    高額になっているがん治療の医療費について

                    秋田魁新報「聴診記」に書いてみました。

                    以下本文

                    がん治療と高額化する医療費 

                    1回の投与で3349万円の白血病治療薬「キムリア」が公的な医療保険で賄われることが、今年5月の中央社会保険医療協議会(中医協)で決まりました。高額な医療費に驚きますが、米国での5200万円よりは安いようです。日本での患者本人の負担額はおおよそ40万円程度となりますが、残りの3千万円は誰がどうやって支払うのか、皆さんはご存知でしょうか。

                     キムリアは1回のみの投与ですが、以前本欄で取り上げた「オプジーボ」を肺がんで1年間使用した場合の医療費は、発売された当初3500万円でしたが、現在は900万円程度です。仮に肺がんの患者さん5万人に使用すると、年間の医療費はいくらになるのでしょうか。

                     日本の医療保険には、会社員が加入する健康保険のほか、公務員が加入する共済組合、自営業や会社を退職した人が加入する国民健康保険、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度があります。手術費や検査代、薬代など公的医療保険が適応される費用は、70歳未満の成人では3割などと自己負担額が決められ、残りは公的医療保険から支払われます。

                     がんで手術を受けて1週間程度入院し、医療費の総額が100万円かかったとすると、患者本人は3割の30万円を負担します。しかし「高額療養費制度」を使うと、実際に支払う金額は少なくなります。

                     この制度は、医療機関や薬局の窓口での支払い額がひと月の上限額を超えた場合に、その超過分を支給する制度です。上限額は年収によって異なり、例えば年収370万〜770万円の場合、おおよそ21万円が高額療養費として支給されるため、本人は9万円程度の支払いになります。制度を利用するには、加入している保険組合に加入者が申請する必要があるので、治療前にしておきましょう。

                     医療費の本人負担を少なくなる制度はありますが、残りの医療費は患者が加入している医療保険の組合が負担します。健康保険組合からの給付金は、加入者と事業者が半分ずつ負担し、国民健康保険からの給付金は、加入者の保険料半分と国庫補助金で支えられています。つまり窓口で支払う金額の残りは、保険料と私たちの税金で補っているのです。

                     医療が進歩すると、高度な技術を必要とする治療法や薬剤により、医療費が上昇します。今の状況が続けば、医療費を捻出するのが困難になり、国民皆保険制度が揺らぐことは避けられません。限られた財源を有効に使用するにはどうしたら良いのか、特に高齢化が進む本県では議論すべき時期に来ていると思います。

                     (はしづめ・たかひろ はしづめクリニック院長、秋田市)

                    posted by: hashizume-c | 医療 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    7月1日(月)看護学校講義
                    0

                      JUGEMテーマ:緩和ケア

                      7月1日看護学校1年生の講義。最終回。

                      P7010009.JPG

                      臨床経験のない学生にどのように教えるかを試行錯誤。

                      今回のテーマは「緩和ケア」について。

                      以前作ったTV番組をダイジェストにして上映。

                      患者さんの生の声を聴いてもらった。

                      自分の両親や祖父母にあたる年代の方が登場。

                      TVに出演することにより、世間の目が出演者に当たる。

                      医療教育のために協力してくれたことに、改めて感謝する。

                       

                      講義とグループワークで5回を終了。

                      自分の貴重な昼休みを使っての講義なので、

                      真剣に聞いてくれた学生には将来を希望したい。

                      よい看護師になって欲しい。H

                      posted by: hashizume-c | 医療 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |