Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1月7日(日)盛岡出張
0

    JUGEMテーマ:緩和ケア

    1月7日(日)盛岡で会議

    東北地区の緩和医療に関わる重要な話し合い。

    午前8時10分 あきたこまち

    P1070011.JPG

    ジャパンレッドに白いひげが雪国仕様でよい。

    3連休の中日にもかかわらずメンバーが集合

    26220293_1357404187697505_8451801261921844056_o.jpg

    今後の方向性について皆の意見を聞くことができた。

    顔の見えるよい関係。

    団結の良さが私たちの良さだと思う会議でした。H

     

    posted by: hashizume-c | 医療 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    12月30日(土)秋田魁新報「聴診記」
    0

      JUGEMテーマ:がん全般

      平成29年12月30日秋田魁新報「聴診記」

      本年のがん対策についてコメントを投稿しました。

      聴診記20171230001.jpg

      以下全文です。

      がん対策 一人一人の行動重要

       間もなく2017年が終わり、新しい年を迎えます。今年は皆さんにとってどんな年でしたか。私は最後に、今年のがん対策について振り返ってみたいと思います。

       国は今年10月、新たに第3期がん対策推進基本計画(17〜22年度)を策定しました。06年の第1期計画策定時に設定した10年間の目標「がん死亡率20%削減」が達成されなかったことや、就労や患者支援などがんに関する新たな課題が明らかになったことから、内容を見直したものです。

       第3期の全体目標は「がん患者を含めた国民が、がんを知り、がんの克服を目指す」。これに科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実患者本位のがん医療の実現尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築−の三つが設定されました。

       がん予防では、がん検診と共に受動喫煙対策が重要です。しかし、たばこ議員連盟の反対などにより、受動喫煙対策を強化する法案はまだ成立していません。子どもをはじめ国民の健康を守る法律への取り組みが不十分なのは残念なことです。少なくとも公共の場所や家庭などでは、受動喫煙のない秋田になってほしいと思います。

       がん医療の充実においては、がん診療拠点病院の要件の中に支持療法などがん医療提供体制の整備が追加されました。また再三問題になる免疫療法などに関しては、「がんが消えた」「保険が利かない最新がん治療」などの宣伝には規制が入ると思われます。がん治療は標準治療が最適な治療であることを理解してください。

       本県には国をリードしている事業があります。一つは医師やがん経験者による中高生への「がん教育」です。もう一つは、抗がん剤治療で起きる脱毛に悩む患者向け医療用ウィッグ(かつら)や、乳房切除に伴う補正具に対する助成事業です。これは今年4月にさかのぼって実施され、同事業を活用した患者さんは大変喜んでいました。

       がん対策は国や県が単独で行うものではなく、一人一人が実際に行動しなければ効果が上がりません。国は関係者の連携強化、がん患者を含めた国民の努力を求めています。私もできるだけ新しい情報を提供していきたいと思います。

       年末年始に家族が集まった時、自分はどのように生きていきたいのか、がんや病気になったらどうしたいか、人生の終わりはどう迎えたいのか、少しだけ話し合ってみてください。よい年をお迎えください。

       (はしづめ・たかひろ はしづめクリニック院長、秋田市)

       

      posted by: hashizume-c | 医療 | 10:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
      12月2日(土)渡辺亨先生来秋
      0

        JUGEMテーマ:がん全般

        12月2日(土)第21回秋田県乳腺疾患研究会。

        秋田県内で乳癌診療に携わるメンバーが集合。

        教育セミナーは妊孕性(にんようせい)について。

        つまり若年者乳がん患者の卵巣機能の保護について。

        一般演題は各施設から5題。

        今回の特別講演は渡辺亨先生

        「ホルモン感受性再発乳癌に対する治療戦略」

        PC040432.JPG

        12月15日に新規薬剤が発売される。

        1錠22560円。1か月で150万円のお薬。

        そのメカニズム、臨床試験の結果を詳しく講義。

        「新規薬剤に過大な効果を期待して、うかれてはいけないと」

        全国学会でもなかなか聞くことのできない講義。

        本当に勉強になった。

        翌日浜松に戻り、国際会議のためUSAに出発する。

        お忙しい中、渡辺亨先生本当にありがとうございました。H

         

         

         

        posted by: hashizume-c | 医療 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        11月9日(木)がん教室 八郎潟中学校
        0

          JUGEMテーマ:がん全般

          11月9日八郎潟町立八郎潟中学校でがん教育の授業

          八郎潟中学校は、スポーツが盛んな学校。

          野球、サッカー、テニスなど全県で優勝の常連である

          PB090430.JPG

          本日は秋田県教育庁保健体育課、秋田県がん対策課主催

          「がん教室」2、3年生が対象。

          前半は、がんについての講義。ビデオで解説

          後半はグループワーク。

          本日課題

          「家族や友人ががんにならないようにするには?」

          「自分にできること」

          PB090433.JPG

          能動的学習は秋田県の教育現場で得意とするところ。

          個人でまず考える

          PB090440.JPG

          各班で討議

          その後各班から意見を出す。

          PB090445.JPG

          2年生がよい意見を出すので、3年生にプレッシャーがかかる

          PB090450.JPG

          今回受動喫煙について講義で触れたので、

          「父親に禁煙するように言ってみる」

          「禁煙条例制定」「食生活の見直し」など。

          各班の意見を共有する。

          100分の授業はあっというま。

          「家に帰ったら今日学んだことを話してみる」

          とうれしい言葉

          PB090455.JPG

          最後に生徒代表から謝辞をいただく。

          やっぱりうれしい。

          若い力に期待する。みんな、頑張ろうね。H

           

           

           

          posted by: hashizume-c | 医療 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          11月4日付 秋田魁新報 がん教育について
          0

            JUGEMテーマ:がん全般

            11月4日(土)秋田魁新報 聴診記

            秋田県の中高生に対するがん教育について投稿しました

            聴診記20171104002.jpg

            以下原文です。

             がん教育 中高生の理解は進む

             中高生へのがん教育は、これまで厚生労働省が「がん対策推進基本計画」(2012〜16年度)に基づき行ってきましたが、年度からは文部科学省が全国で実施しています。県内では、県が11年度からがん対策室を設置し、教育庁やがん患者団体、医師会と連携しながら進めてきました。医師による講義、がん経験者の談話、生徒の能動的学習による本県のがん教育は、厚労省のがん対策緩和ケア関連会議で高い評価を受けました。

             本年度は能代市、横手市、湯沢市、八郎潟町の中学8校と秋田西高、御所野学院高の2校で「がん教室」を開き、計1100人の生徒が参加する予定です。

             がん教育では「がんを正しく理解する」「健康と命の大切さを主体的に考える」を目指しています。中高生ががんに関して基本的で正しい知識を得ることは、自分の生命を考えることにつながり、家族や社会への影響も大きいと実感しています。

             先日、抗がん治療が一段落した患者さんを診ました。高校生の娘さんが、患者である母親の体調の変化や、脱毛などを冷静に受け止めていたようだと教えてくれました。娘さんは中学校時代にがん教育を受けたことがあったようです。

             娘さんは「治療が終わればまた生えてくるね」などと言って、母親の体調が悪い時は家事を積極的に手伝ってくれたそうです。

             患者さんは「子どものおかげでどんなに気持ちが救われたか分からない」と話していました。また、家事などを元通りできるようになると、娘さんは「部活が忙しくなって帰りが遅く、家事をあまり手伝ってくれなくなった」と笑っていました。

             このほか、高校生の子どもから「がん検診を受けるように」と言われて来ましたという親御さんも増えました。中高生は大人よりがんの知識をしっかり持っているようです。

             一方、大人が子どもに対して害を与えているのが喫煙です。受動喫煙は、周囲にいる家族にも発がんのリスクを高め、気管支ぜんそく発症などへの影響も少なくありません。換気扇の下やベランダで喫煙することも、家族や周囲に迷惑をかけていることを認識してほしいと思います。大人へのがん教育はもっと必要なのかもしれません。

             私は11月9日、がん教室で八郎潟町の八郎潟中を訪問します。今年も中学生に会うことを楽しみにしています。

            (はしづめ・たかひろ はしづめクリニック院長、秋田市)

            posted by: hashizume-c | 医療 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            10月15日(日)浜松乳がん市民公開講座
            0

              JUGEMテーマ:がん全般

              10月15日(日)第23回乳がん市民公開講座に出席。

              浜松オンコロジーセンター渡辺亨先生が基調講演

              1、メディアなどの過剰な報道に惑わらせることなく

              きちんと検診を受けること

              2、インチキ医療に騙されない

              3、人事を尽くして天命をまつ

              hamamatu.JPG

              講演スライドはすでにUPされています。
              第2部のQ&A

              30の個々の質問に対してパネリストが丁寧に回答していました。

               

              久しぶりの浜松

              新幹線入り口にはX−JAPANのYOSHIKI の写真

              yosiki.JPG

              KAWAI piano です。

              昼食はもちろん うな重。

              unagi.jpg

              さすが本場です。

              日帰り弾丸出張でした。H

               

              posted by: hashizume-c | 医療 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              10月8日(日)第41回日本死の臨床研究会
              0

                JUGEMテーマ:緩和ケア

                10月7,8日秋田市で第41回死の臨床研究会

                DSC_0205.JPG

                緩和ケア関連の医療者が約2500名参加したとのこと。

                全国から友人たちが数多く会うことができました。

                鹿児島相良病院の江口師長さんにばったり。

                FB_IMG_1507550330343.jpg

                石垣靖子先生もご一緒にパチリ。

                左は仙台の丹田先生。

                キーワードは比内地鶏の親子丼

                DSC_0206.JPG

                究極に比内地鶏親子丼。

                大満足でした。

                もちろん学会会場で勉強もしてきました。はい。H

                 

                 

                 

                posted by: hashizume-c | 医療 | 22:01 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                ウイッグ、乳房補正具に助成金
                0

                  JUGEMテーマ:がん全般

                  平成29年9月9日(土)秋田魁新報「聴診記」

                  がん患者のウィッグ、乳房補正具へ助成事業について

                  紹介しました。

                  P9090390.JPG

                  【聴診記・がん患者補正具に自治体から助成金】

                   がん治療で最も優れた治療法を標準治療といいます。科学的に証明された最善の治療法で、臨床研究の積み重ねにより日々進歩し、診療ガイドラインなどで示されています。標準治療は、県内のどの地域でも受けられます。

                   がん治療は、手術や放射線などの局所治療と、抗がん剤などによる全身治療があります。がんの種類や広がりや進行度(病期)、がんの性格(サブタイプ)、身体の状態に応じて選択します。治療の目標が根治(治ること)か、再発予防か、症状の緩和かにより、内容が全く異なります。治療内容や目標、スケジュールなどは、主治医らとよく相談する必要があります。

                   患者さんに「抗がん剤治療は受けたくない」と言われることがあります。吐き気や脱毛など怖いイメージがあるからだと思います。現在は効果の優れた吐き気止めがあり、抗がん剤の吐き気で困ることは少なくなりました。

                   抗がん剤は、がん細胞や毛根、粘膜など細胞分裂が活発な部分に作用します。これが脱毛や口内炎の原因です。脱毛は投薬を始めて2週間前後から始まります。頭髪が抜け落ちるだけでなく、眉毛や鼻毛などほぼ全ての体毛が抜けてしまいます。

                   抗がん剤によっては、皮膚の色素沈着や湿疹、爪の変形などが起こります。外見が変化すると「人と会いたくない」「外に出たくない」「1人で落ち込む」など精神的苦痛を味わうことが少なくありません。治療に対しネガティブな感情を持つことにもなります。

                   最近は外見に対しても十分なケアやサポートを行う機運が高まり、がん治療中の女性向けメイクなどが知られるようになりました。脱毛などの悩みがメイクやウィッグ(かつら)などで解消されると、多くの患者さんは表情が明るくなり、治療や生活に積極的になります。外見を整えることは女性には特に重要です。

                   県は今年4月以降に医療用補正具を購入したがん患者に、費用の助成を行っています。上限は全頭用ウイッグが1万5千円、乳房補正具(補正パッドや補正用下着など)が1万円。助成の条件は県がん対策室のホームページに掲載されています。県全体でがん患者を支援する取り組みとして大きく評価できる事業だと思います。

                   既に別の助成金を設けている市町村もあり、秋田市では先月10日から始まりました。まずは治療を受けている医療機関のがん相談窓口に問い合わせてください。

                  (はしづめ・たかひろ はしづめクリニック院長、秋田市)

                  posted by: hashizume-c | 医療 | 08:06 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                  8月22日ラジオ収録
                  0

                    JUGEMテーマ:がん全般

                    本日ラジオの収録を行いました。

                    ABSラジオ 「みんなの健康」です。

                    毎週月曜日午前11時35分からですが、

                    最近はRADIKOで1週間聞くことができます。

                    IMG_2046.JPG

                    放送は9月4、11日(月)午前11時35分ABSラジオです。

                    テーマは「がんと共に生きる」

                    慌てないこと、相談すること、学習すること、支援を求めること

                    などを具体的にお話しました。

                    MCの堀江千景さんとは阿吽の呼吸。

                    台本なしのトークです。

                    よろしければご視聴ください。H

                     

                    posted by: hashizume-c | 医療 | 22:08 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                    7月27日(木)緩和ケア認定看護師コース
                    0

                      JUGEMテーマ:がん全般

                      平成29年7月27日(木)

                      岩手医科大学付属病院高度看護研修センター

                      緩和ケア認定看護研修コースの講義

                      65.jpg

                      本年は北海道と東北地区から12名が受講している。

                      「呼吸困難」について。

                      臨床経験がある看護師たちには難しい課題

                      橋爪が病態生理や治療を担当

                      イムスグループの山口聖子看護師長

                      64.jpg

                      後半のグループワーク。

                      66.jpg

                      真剣に討議。

                      問題解決へ自ら導く。

                      患者さんのQOLの質を高めるために半年間の修練。

                      明るく熱心な受講者に未来を託す。

                      みんな、頑張ろうね。H

                      posted by: hashizume-c | 医療 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |