Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
雫石〜秋田駒 山スキー縦走 後編
0
    JUGEMテーマ:山スキー
    前篇はこちら
    高倉山と三角山の鞍部(1170)で小休止。
    三角山1419Mの登りに備える。
    10時50分シールを効かせて頑張って登る。
    11時30分三角山山頂。絶景が待っていた。
    手前千沼ヶ原。奥は乳頭山(1478)
    P3210207.JPG
    左にふると笊森山(1644)今日の最高到達点。
    P3210210.JPG
    笊森から駒への稜線が今日のルート。
    P3210214.JPG
    秋田駒をバックに1枚。
    P3210212.JPG
    素晴らしい展望だ。
    P3210208.JPG
    千沼ヶ原に下る。
    動画も撮影したがカメラを持ったまま転倒した(^_^.)
    P3210219.JPG
    夏道付近。夏場は美しい高層湿原
    11時50分絶景ランチ。
    P3210221.JPG
    日差しが暖かい。千沼ヶ原から三角山。登山者をひとり発見。
    本当に静かな場所だ。
    P3210220.JPG
    12時25分笊森山に向けて出発。
    稜線は風が強く斜面は凍結している。
    P3210222.JPG
    スキーアイゼンがないと厳しい。
    13時5分笊森山山頂(1644)。乳頭山よりも高いことがわかる。
    P3210224.JPG
    風が強くそのまま縦走路へ。
    シールのまま熊見平へ下るがシュカブラで滑りにくい。
    P3210226.JPG
    横風であおられて左目のコンタクトレンズが飛ばされ、
    斜面がよく見えないとおもったとたん大転倒。
    と当時に左足脹脛をつってしまった。痛ーい。
    足を伸展させてからとにかく歩く。
    13時30分宿岩(1139)
    P3210230.JPG
    風をよけて漢方薬(芍薬甘草湯)を服用。これで大丈夫だ。
    鞍部から湯森山(1471)まで最後の登り。
    P3210233.JPG
    楽そうに見えるがアイスバーン。
    14時13分湯森山頂。やった。あとはシールを外して下るだけだ。
    P3210235.JPG
    14時25分八合目小屋を目指す。
    P3210236.JPG
    鞍部から小屋までは3本の沢がある。
    P3210242.JPG
    トラバースをしながら雪で埋まっている沢をクリアーする。
    小屋は高台にあるので、登り返しなしてバス道路に合流。
    あとは雪上車に踏み固められた道路を直滑降で滑り降りる。
    途中パノラマツアーのスキーヤーと合流したりする。
    P3210243.JPG
    片倉沢付近から駒ヶ岳を眺めてみる。
    旧田沢湖高原スキー場に飛び出す。動画撮影をしながら下山。
    15時5分駐車場到着。雫石スキー場に下山の電話。
    P3210246.JPG
    このあと雫石スキー場まで車を回収。
    スキーだと20辧車だと50辧
    山スキーのルートとしては展望もよく日本有数のコースだと思う。
    今日もありがとう。H








     
    posted by: hashizume-c | 山登り | 09:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    ミニ・オートルート走破、拍手!!!!

    ガリガリバーンは、チョット・・・・
    パワー&テクが羨ましい〜〜
    | 加藤 | 2015/03/26 5:19 AM |
    加藤さん
    ミニオートルートほどではないですが、展望もすばらしく山スキーの機動力が十分に発揮できるルートです。
    | はしづめ | 2015/03/26 8:18 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://hashizume-c.jugem.jp/trackback/324
    トラックバック