Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
11月4日付 秋田魁新報 がん教育について
0

    JUGEMテーマ:がん全般

    11月4日(土)秋田魁新報 聴診記

    秋田県の中高生に対するがん教育について投稿しました

    聴診記20171104002.jpg

    以下原文です。

     がん教育 中高生の理解は進む

     中高生へのがん教育は、これまで厚生労働省が「がん対策推進基本計画」(2012〜16年度)に基づき行ってきましたが、年度からは文部科学省が全国で実施しています。県内では、県が11年度からがん対策室を設置し、教育庁やがん患者団体、医師会と連携しながら進めてきました。医師による講義、がん経験者の談話、生徒の能動的学習による本県のがん教育は、厚労省のがん対策緩和ケア関連会議で高い評価を受けました。

     本年度は能代市、横手市、湯沢市、八郎潟町の中学8校と秋田西高、御所野学院高の2校で「がん教室」を開き、計1100人の生徒が参加する予定です。

     がん教育では「がんを正しく理解する」「健康と命の大切さを主体的に考える」を目指しています。中高生ががんに関して基本的で正しい知識を得ることは、自分の生命を考えることにつながり、家族や社会への影響も大きいと実感しています。

     先日、抗がん治療が一段落した患者さんを診ました。高校生の娘さんが、患者である母親の体調の変化や、脱毛などを冷静に受け止めていたようだと教えてくれました。娘さんは中学校時代にがん教育を受けたことがあったようです。

     娘さんは「治療が終わればまた生えてくるね」などと言って、母親の体調が悪い時は家事を積極的に手伝ってくれたそうです。

     患者さんは「子どものおかげでどんなに気持ちが救われたか分からない」と話していました。また、家事などを元通りできるようになると、娘さんは「部活が忙しくなって帰りが遅く、家事をあまり手伝ってくれなくなった」と笑っていました。

     このほか、高校生の子どもから「がん検診を受けるように」と言われて来ましたという親御さんも増えました。中高生は大人よりがんの知識をしっかり持っているようです。

     一方、大人が子どもに対して害を与えているのが喫煙です。受動喫煙は、周囲にいる家族にも発がんのリスクを高め、気管支ぜんそく発症などへの影響も少なくありません。換気扇の下やベランダで喫煙することも、家族や周囲に迷惑をかけていることを認識してほしいと思います。大人へのがん教育はもっと必要なのかもしれません。

     私は11月9日、がん教室で八郎潟町の八郎潟中を訪問します。今年も中学生に会うことを楽しみにしています。

    (はしづめ・たかひろ はしづめクリニック院長、秋田市)

    posted by: hashizume-c | 医療 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック