Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
4月5日(木)秋田駒ヶ岳
0

    JUGEMテーマ:山スキー

    毎週木曜日は手術と外勤日になっているが、

    半年に1日程度は、オフの日を作るようにしている。

    この高気圧を待っていた。

    しかし、前日の雨に加え寒気が入り込み

    雪山はあまりよい条件ではないだろう。

    午前6時の天気を確認し、安全第一とする

    目標は秋田駒ヶ岳。

    午前7時秋田を出発、8時40分アルパこまくさに到着。

    駒ヶ岳の上部は雲が絶え間なく流れている。

    風が強そうだ。

    P4050004.JPG

    準備をしていると、CATが降りてきた。

    八合目まで¥3000。30分で1300mまで運んでくれる。

    2時間歩くことを考えると妥当なのかもしれないが、

    今日はトレーニングを兼ねている

    午前9時5分旧田沢湖高原スキー場をひたすら登る。

    P4050007.JPG

    約1時間で標高1040m

    ここからはバス道をショートカットしながら八合目小屋を目指す。

    P4050010.JPG

    カーブミラーがほとんど埋まるくらいの積雪。自撮りです。

    森林限界をこえると標識が見えてきた。

    P4050013.JPG

    午前11時八合目小屋到着。

    夫婦連れがいたので様子を聞く

    上部には6人いるらしい。CATで上がってきたようだ。

    「天気があまりよくないので」とスキーで下山していった。

    さて、風がつよいが女目岳は目視できる。

    P4050015.JPG

    11時10分スキーアイゼンを装着して阿弥陀池を目指す。

    1500のピークを巻くように登る。

    足元はアイスバーンで油断すると滑る。
    P4050018.JPG

    慎重に慎重にゆっくり登る。

    怖い斜面をなんとかトラバース。

    正面に女目岳。

    P4050019.JPG

    シュプールがひとつもない。

    左手に阿弥陀池小屋

    P4050021.JPG

    このまま女目岳を直登することに。

    斜面をジグザグに刻みながら山頂直下10mでスキーを外す。

    午後0時48分山頂。

    P4050023.JPG

    半年ぶりだ

    男岳。雲が切れたようだ。

    P4050024.JPG

    西からの風が強く立っていられない。

    阿弥陀池を俯瞰する。中央の氷が阿弥陀池

    P4050025.JPG

    田沢湖も

    IMG_2552.JPG

    阿弥陀池小屋がかなり下に見える

    IMG_2554.JPG

    午後1時6分 スキーで滑走開始。

    最初のターンは慎重に回る。転ぶわけにいかない。

    アイスバーンに雪がわずかにのっているが

    スキーがよく走る

    P4050026.JPG

    登るのに40分もかかるのに、滑ると一瞬だ。

    山スキーのだいご味。

    結局阿弥陀池小屋には寄らず、八合目小屋を目指す。

    こわいトラバースは、下りの勢いがあるとさほどでもない。

    P4050030.JPG

    正面に乳頭山への縦走路が見えた。

    あとは八合目小屋までだ、と思ったら見事に転倒。

    それでも下山はあっという間だ。

    10分ほどで八合目小屋

    IMG_2559.JPG

    下りたら晴れるの法則とおり、上空には青空。

    小屋前でおにぎりを食べて一息。

    午後1時20分八合目を出発。

    バス道を適当にショートカット。

    林の中をビュンビュン飛ばす。

    ダケカンバに標識 古くから山スキーのルートなのだ

    P4050031.JPG

    ゲレンデトップまでノンストップ

    旧スキー場はほとんど直滑降と大回りターン

    あっという間にアルパこまくさに到着

    IMG_2561.JPG

    やっと全容が見えた。

    あそこから一気に降りてきた。

    山スキーの機動力は魅力的だ。

    温泉でひと風呂あびて秋田に戻ろう。H

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: hashizume-c | 山登り | 21:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    こんにちは。
    4月になってもなかなか暖かくならないなあと思ってるのに、わざわざ寒い所へお出かけするなんて私には理解不能ですが、カーブミラーの写真はおもしろい♪
    こういうセンス、好きですv(・∀・*)
    | ひろりん | 2018/04/06 1:40 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://hashizume-c.jugem.jp/trackback/612
    トラックバック