Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
12月1日(土)オプジーボ
0

    JUGEMテーマ:がん全般

    12月1日(土)秋田魁新報 聴診器

    ノーベル賞で話題になった、がん治療薬「オプジーボ」。

    免疫チェック阻害薬のメカニズムについて書いてみました。

    聴診記オプジーボ002.jpg

    以下原文です。

    聴診記/ノーベル賞と新薬/

     京都大の本庶佑特別教授が、今年のノーベル医学生理学賞を受賞しました。本庶氏は1992年、がん細胞を攻撃する免疫細胞にブレーキをかけるタンパク質「PD1」を発見し、医学の発展に貢献したことが高く評価されました。今回は、このPD1を基に開発された新しいがん治療薬のメカニズムと、注意点を取り上げます。

     ヒトの体内において、自分の体の細胞でないものを「異物」と呼びます。細菌やウイルスなどはその代表格で、異物が入るのを防いだり、排除したりして体を守る働きは「免疫」です。がん細胞は、正常な細胞から発生した異物まがいのもので、免疫機構を上手にかわして成長するとも言われています。

     免疫で中心的な役割を果たすのが白血球で、そのうちのリンパ球T細胞が今回のPD1を持っています。

     免疫はいつも同じ状態ではなく、アクセルとブレーキを上手に使い分けています。異物が侵入するとアクセルがかかって免疫細胞の攻撃が強まり、役割が終わると攻撃の手を緩めます。免疫が強くなり過ぎると自己免疫疾患などの病気になるので、私たちの体は通常、自らの免疫反応を抑制する仕組みを備えています。

     がん細胞は、この抑制の仕組みを利用して、免疫からの攻撃を逃れるすべを持っていることが分かってきました。がん細胞の表面にタンパク質でできたアンテナを出し、リンパ球T細胞にある「攻撃中止命令を受け取るタンパク」に結合、免疫細胞の働きを弱めてしまいます。この命令を受け取るタンパクを「免疫チェックポイント」と呼び、その一つがPD1です。

     がん細胞が免疫チェックポイントに結合しないようにすれば、免疫細胞が攻撃の手を緩めることがなくなる、という考え方に基づいて「免疫チェックポイント阻害薬」が開発されました。

     「オプジーボ」は日本の製薬メーカーが開発したPD1阻害薬で、非小細胞肺がん、悪性黒色腫、腎細胞がん、ホジキンリンパ腫、胃がんなどに効果が認められていますが、これら全てのがんに効果があるわけではありません。オプジーボや同様の薬剤は現在、乳がんをはじめ多くのがんに対する臨床試験が行われており、今後適応が広がると期待されます。

     しかしオプジーボの場合、年間の医療費は平均1500万円以上とも言われます。高額療養費制度により、個人の負担額はある程度抑えられたとしても、保険財政がひっ迫することは避けられないと思います。皮膚障害や肝機能障害、間質性肺炎など重い副作用の報告もあり、使用には十分な注意が必要です。

     (はしづめ・たかひろ はしづめクリニック院長、秋田市)

    posted by: hashizume-c | 医療 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://hashizume-c.jugem.jp/trackback/698
    トラックバック