Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1月14日樹氷の森吉山
0

    JUGEMテーマ:北東北

    1月14日(祝)快晴

    1月の連休が快晴だったことは記憶にない。

    森吉山の樹氷を是非みてもらいたいと思い

    星薬科大学の鈴木勉教授を田沢湖からお連れする。

    P1140088.JPG

    田沢湖高原は氷点下10度くらい

    きりりと冷えた湖畔から駒ヶ岳の雄姿

    ここから70kmの北上する

    アイスバーンの国道を慎重に走り午前10時半

    森吉山阿仁スキー場に到着

    P1140102.JPG

    3連休と快晴の天候もあって駐車場は6割ほどの混雑

    4時間券を購入

    ゴンドラで一気に標高1100mまで登る

    すると周囲にはアオモリトドマツの樹氷群

    P1140099.JPG

    ゴンドラ山頂駅付近でも樹氷は楽しめるが

    今回は1308mの石森を目指す

    (本来であれば登山届が必要)

    スキーを樹氷平において、教授と一緒にツボ足でのぼる

    P1140089.JPG

    樹氷は成長段階

    それでも間近で見られるのはそんなにないだろう

     

    P1140090.JPG

    樹氷の合間をぬって上る

    トレースがしっかりしているのでスキー靴でも大丈夫

    (本来は勧めない)

    P1140091.JPG

    教授も楽しそう

    P1140092.JPG

    自然の造形

    P1140093.JPG

    光と影がおりなす芸術作品

    一つひとつが会話をしているみたい

    P1140094.JPG

    雪庇に気を付けながらゆっくり登る

    1308m 石森ピークからの森吉山

    P1140095.JPG

    いつもながら端正な姿

    山頂を目指す登山者が多い

    山スキーヤーのシュプールがうらやましい

    P1140097.JPG

    ピークの冷たい風が汗を冷やす

    P1140096.JPG

    樹氷を楽しみながら下山

    山頂駅の休憩所で水分補給

    さすがにスキーをしないわけにはいかず

    2本上部ですべる

    スキーヤーはまばら

    樹氷見物客がほとんどなのだろう

    山麓まで4kmを一気に滑る

    鈴木教授は健脚だ

    山麓駅のレストランで昼食後角館へお見送り。

    大満足の樹氷ツアーでした。H

    posted by: hashizume-c | 山登り | 23:11 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    成長途中の樹氷は、まだ細くってトーテムポールみたい。
    「1つひとつが会話してるみたい」なんて、まあ!かわいらしい(*´∇`*)
    | ひろりん | 2019/01/17 9:04 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://hashizume-c.jugem.jp/trackback/713
    トラックバック