Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
3月3日稲倉岳山スキー
0

    JUGEMテーマ:登山

    3月3日(日)快晴

    鳥海山北側にある稲倉岳(1554m)に挑戦してきました。

    メンバーはS藤、能代のAJ師匠。

    午前5時秋田市を出発

    高速道路を象潟ICでおりて横岡へ。

    登山口は林道の除雪終点へ。

    駐車場にはすでに3台が駐車。

    能代のAJ師匠が5分ほど先に到着したとのこと。

    午前7時出発。林道を進む

    P3030001.JPG

    15分ほどで七曲りの壁。雪の斜面が崩れやすく危険。

    九十九折の急な登りをなんとかスキーで登りきる。

    P3030003.JPG

    550m付近まで来ると遠くに稲倉岳が見える。

    P3030006.JPG

    ゴールは遠い

    二つほどピークを越えていくと650mの雪原。

    P3030007.JPG

    このまま尾根筋を進む。

    ブナの2次林 有名な夫婦ぶな。

    P3030009.JPG

    ここで小休止。この上は吹きっさらしの斜面が待っている。

    標高1200m付近

    P3030010.JPG

    この先はアイゼンがないと登れない

    s藤はスキーをデポ。アイゼンを装着する。

    AJ師匠と小生はスキーアイゼンでガシガシ登る・・・

    はずであった。

    ところがテカテカに凍り付いた斜面。何度も足が滑る。

    滑落は危険。

    P3030011.JPG

    雪の斜面が青空を反射してブルーに見えた。

    AJ師匠も苦戦する

    P3030012.JPG

    最後の200mで左足がけいれんを起こしてきた。

    何とかなだめながら足を進ませる。

    12時山頂に到着

    IMG_3354.JPG

    山頂からは絶景

    見事な鳥海山ブルー

    IMG_3352.JPG

    この北面の迫力はこの山頂でしかみることができない

    ズーム

    IMG_3357.JPG

    山頂は珍しく無風。

    記念撮影も可能だった

    IMG_3359.JPG

    さて滑走

    上部はアイスバーン。転倒したら最後だ。

    IMG_3362.JPG

    がりがりしながらなんとか下る

    IMG_3364.JPG

    こんな斜面をほぼ独占

    IMG_3373.JPG

     

    樹林帯は快適なザラメ。

    林間滑走をぞんぶんに楽しむ。

    IMG_3377.JPG

    七曲りの壁で難儀したが、無事に生還。

    あとは林道を歩く歩道状態で駐車場へ

    午後2時到着。

    下山後は鶴泉荘で汗を流す。

    十分に満喫できた稲倉岳でした。H

     

     

     

    posted by: hashizume-c | 山登り | 19:13 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    テカテカに凍り付いた斜面、こわっ(((((((・・;)
    下りで膝、ガクガクじゃないですか?
    | ひろりん | 2019/03/05 1:56 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://hashizume-c.jugem.jp/trackback/734
    トラックバック