Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
8月12日縦走2日目
0

    JUGEMテーマ:登山

    8月12日縦走2日目  初日はこちら  3日目はこちら

    午前3時30分起床

    テント場では午前2時ころから出発準備をするグループがある。

    静かに、静かに行動していて、マナーを守っている登山者が多い。

    ダウンジャケットを着てテントの外に出る。

    満天の星空だ。

    スー、スーと流れ星が立て続けに空を横切る。

    今年も会うことができた。

    午前5時出発。今日が縦走のメインだ。

    予定行動時間は10時間。

    テント場からは半分くらいが出発しているようだ。

    P8120023.JPG

    ご来光まであと数分。

    太郎平のピークでしばしたたずむ。

    はるかかなたに槍ヶ岳。

    P8120025.JPG

    朝日が北ノ俣岳(2661)を照らす。

    P8120032.JPG

    5時30分 まずは北の俣岳を目指す。

    太郎平小屋裏の分岐。

    P8120033.JPG

    ここを左に行くと薬師沢から雲の平。

    今回はまっすぐ稜線を行く。

    朝露にかがやくチンググルマ

    P8120037.JPG

    緩やかな稜線を行く

    ニッコウキスゲやヨツバシオガマ

     

    P8120038.JPG

     

    はるか南には雲海の上に白山

    P8120039.JPG

    気持ちの良い稜線 雪渓も残っている』

    P8120045.JPG

     

    7時25分 北の俣岳(2661m)

    P8120046.JPG

    ここからは緩やかなアップダウンが続く

    目指すは黒部五郎岳 コースタイムは3時間

    赤木岳(2624m)山頂から

    P8120052.JPG

    黒部五郎岳の手前から300mの急登

    重いザックにあえぎながら脚を運ぶ

    10時46分 黒部五郎岳の肩に到着

    P8120055.JPG

    荷物をデポし、山頂へ向かう

    10時57分 登頂。

    順番待ちをして記念撮影

    バックは北鎌尾根

    北鎌尾根の稜線をこの目で見たくて今回の縦走になっているのだ

    肩で小休止

    11時37分 氷河で削られたカールを下る

    黒部五郎小屋までコースタイムは1時間40分

    しかしあまりの暑さに水が足りなくなった

    カールの底で水を浴びる

    これも黒部川の源流

    やっと小屋を捉えた

    前後して歩いていたグループはここでキャンプするとのこと

    13時12分 黒部五郎小屋に到着

    記念のバッチ(¥600)とポカリスエット(¥550)1本を購入

    あまりの暑さに食欲がわかず、ポカリスエットで歩いている。

    13時24分出発。

    三俣蓮華までコースタイムは2時間40分

    いきなり300mの登り、2660mのピーク手前でダウン寸前

    チングルマやハクサンイチゲに癒される

    P8120071.JPG

    同じ方向に歩くグループを励まし合いながら登る。

    15時小屋への分岐点

    P8120072.JPG

    双六小屋に向かうグループと別れる

    三俣蓮華岳の斜面もなだらからカール

    P8120073.JPG

    トラバースがちょっと緊張する

    やっと小屋が見えた。

    手前には初めての雪渓ルート

    P8120075.JPG

    16時キャンプ場に到着

    双六岳方面に少し上った雪渓脇にテントを設営

    隣は東京からの二人連れと浜松からの青年

    皆タフだ。

    小屋は大混雑。定員の2倍以上は宿泊だろう

    夕食は簡単に済ませるというかあまり食欲がわかない

    今日は何キロ歩いたのだろう。

    小屋でテント場の受付をして、ポカリスエット(¥500)を購入。

    イワシの缶詰を浜松の青年に分ける。

    白米で味が足りなかったので喜んでいた。

    P8120077.JPG

    午後7時就寝

    午前4時にタイマーをセット。

    となりのテントのいびきなどを聞きながら眠りに落ちた。

    (8月14日記)

    3日目はこちら  1日目はこちら

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: hashizume-c | 山登り | 23:42 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
    ポカリスエット、もっと高いじゃん!!
    ポカリで1日しのいでるようだけど大丈夫?
    | ひろりん | 2019/08/14 9:35 PM |
    水2Lに粉末ポカリスエット2袋をハイドレーションバック(給水用バック)に作っていました。これまで1.5L以上飲んだことがないので、2L飲み干してしまいました。この日はポカリスエット3L以上は必要でした。
    | はしづめ | 2019/08/15 12:30 PM |
    夏フェス行った人とか2箸離撻奪肇椒肇觧って飲んでるの見るけど、いっぱい汗かかれたんですね(*_*;
    「重いザックしょって登って、暑さで食欲も無いみたい」って翠に話したら「修行!?」って言ってました(^^;

    今日Googleのニュースにオーバーユースの登山の話題出てました。
    | ひろりん | 2019/08/15 2:08 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://hashizume-c.jugem.jp/trackback/809
    トラックバック