Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
11月2日(土)「最高の人生の見つけ方」秋田魁新報
0

    JUGEMテーマ:緩和ケア

    11月2日(土)秋田魁新報「聴診記」に投稿しました。

    最高の人生JPG.JPG

    今回は、緩和ケアについて。

    現在公開中の映画「最高の人生の見つけ方」

    よりよく生きることを考えさせられる名作です。

    以下全文。

    吉永小百合さん、天海祐希さん主演の映画「最高の人生の見つけ方」が現在公開中です。2007年公開のハリウッド映画のリメイクで、原題は「The Bucket List(棺桶リスト)」。がんで余命宣告を受けた主人公が、「死ぬまでにやっておきたいことのリスト」を作り、実行していく物語です。

     前職の病院で、緩和ケアについて学ぶ目的でこの映画の上映会を開きました。スカイダイビングや「世界一の美女にキス」というリストを実行していくジャック・ニコルソンの名演もさることながら、日本語で「最高の人生の見つけ方」としたセンスに脱帽しました。

     今回のリメイクでは、がんで余命宣告を受けた平凡な主婦(吉永さん)と、大金持ち女社長(天海さん)の2人が、偶然手にしたリストを実行していきます。中でも人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のライブに参加するシーンは圧巻です。人にはそれぞれの価値観があり、また偶然の出会いによって人生が大きく変わることがある。そのことを改めて考えさせてくれるすてきな作品でした。

     前回の本欄では、「5年生存率」と「余命」の話を紹介しました。この数年で新たなメカニズムの抗がん剤が次々と使えるようになり、抗がん剤治療による生存期間は確実に延びました。

     ただし、例えば最近よく用いられるタキサン系の抗がん剤には、手指や足がしびれるなどの副作用があります。現状で有効な治療はなく、鎮痛剤や漢方薬などを併用し、症状を緩和しながら使っていくことになります。

     肺がんの治療に使うイレッサなどの分子標的薬は、副作用として爪や皮膚に症状が出ます。保湿や清潔を保つケアで対処しますが、痛みやかゆみを伴い、生活の質を低下させることもあります。

     つまり、治療の向上で生存期間は延びますが、苦しい症状も続くので、いつまで治療を続けるのかを担当医とよく相談することが必要です。医師に限らず、看護師や薬剤師、病院にある相談支援センターなどで助言をもらうことも可能です。

     再発した場合や、治癒が見込めないがん治療の目的は、生存期間を延ばすこと、症状を緩和すること、生活の質を向上させることの3つです。「本人が何を、どうしたいのか」という意思が大切なのです。

     がんにならなくても、人間の生命は無限ではありません。誰もが死に向かって生きています。自分にとって何が大切なのかを考え、日々の生活を実りあるものにしていくことによって、「最高の人生」を見つけることができるのではないでしょうか。

    はしづめクリニック院長 橋爪隆弘

     

    posted by: hashizume-c | 医療 | 08:11 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    11/2聴診記、拝見しました。自分にとって何が大切なのか…案外気が付いてないこともありそうです。それから、素敵な秋の風景にいつも癒されます。どうぞ、クマに出会いませんように。
    | 柴子 | 2019/11/06 1:45 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://hashizume-c.jugem.jp/trackback/850
    トラックバック