Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
奥森吉のブナ黄葉 桃洞の滝
0

    JUGEMテーマ:紅葉

    10月23日(日)午後から天気が回復するとの予報。

    森吉山の紅葉が見ごろを迎えているとの情報。

    午後の日差しに期待して早速出かける。

    阿仁ゴンドラに行くか桃洞の滝に行くか悩む。

    左足のリハビリを兼ねて登りのない桃洞沢へ。

    途中の山々も見事に色づいている。

    IMG_1303.JPG

    秋田市から2時間半。鳥獣センターの駐車場はほぼ満車。

    さすがに人気スポット。

    桃洞の滝まで約4.2km。片道1時間のコース。

    ブナ林からトレッキング開始。

    IMG_1309.JPG

    こんな見事な景観の小道を行く。なんて贅沢な。

    ハウチワカエデの赤が映える。

    IMG_1312001.jpg

    赤水沢と桃洞沢の出合いまで2.8km40分。

    IMG_1317.JPG

    一枚岩の上を水が流れていく。

    この中をじゃぶじゃぶ歩くもよい。

    そして20分ほどで桃洞の滝。

    見事な造形美。大勢のカメラマンとトレッキングの人たち。

    午後1時をすぎないと滝に光が入らず。

    IMG_1323.JPG

    一緒になった人たちと談笑する。

    テレマーク山荘の庄司さんとばったり。

    ゲストをお連れしてきているとのこと。

    お客さんは満足した様子。

    IMG_1325.JPG

    でも先日の遭難騒ぎはこの滝の上流。

    増水した日に入ってしまい、山中でビバーグ。

    忠告を無視したとのこと。うーん。

    人間は自然にはかなわない。

    IMG_1330.JPG

    こんなきれいな場所に簡単に来れるなんて。

    秋田は恵まれている。感謝。

    出合いにもどり、湧き水でラーメンを作る。

    IMG_1333.JPG

    この湧き水、最高に美味。

    沢の中央にある流木に腰かけ、絶景ランチ。

    IMG_1335.JPG

    静かに時が流れていく。

    午後2時半。さて戻ろう。

    午後の日差しにカエデが一層引き立つ。

    IMG_1338001.jpg

    ブナ林の一番美しい季節。

    間もなく白い季節がやってくる。

    リハビリとしてはよく歩いた。

    いや、歩きすぎた。でも来てよかった。H

     

    posted by: hashizume-c | アウトドア | 22:50 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
    10月23日(日)奥森吉 桃洞の滝(速報)
    0

      JUGEMテーマ:紅葉

      10月23日(日)

      紅葉の桃洞の滝に行ってきました。

      見事でした。

      IMG_1323.JPG

      詳細は後日。

       

      posted by: hashizume-c | アウトドア | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      久々のテニス
      0
        JUGEMテーマ:テニス
        3連休が終わりました。
        10日(土)晴れ。外来診療が夕方までかかりました。
        11日(日)体育の日。天候悪化が予測されたので
        半年ぶりに室内テニス。
        930.jpg
        現役の高校生が来ていたので、相手をしてもらいました。
        乱打を初めてすぐ、スピンが効いた球を打ち返したら
        いきなりガットが切れてしまいました。
        929.jpg
        ちょうど真ん中で切れたので、なんだかほっとしました。
        予備のラケットがないので、クラブで借りましたが
        どのラケットもしっくりきませんでした。
        テニスの後は久々にお部屋の掃除。
        かなりすっきり。
        10月12日は依頼原稿書き。締め切りは10月4日だった!
        来週はよい天気になりますように。H



         
        posted by: hashizume-c | アウトドア | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        桑の木台湿原 レンゲツツジ 
        0
          JUGEMテーマ:花紀行
          5月30日(土)東北六魂祭にて休診。朝目覚めると快晴。
          先週鳥海山から帰る途中に桑の木台湿原の林道入り口を確認。
          今週末がレンゲツツジの見ごろを迎えるだろうとの情報だった。
          それなら行くしかない。
          西目の定点スポット。逆さ鳥海がほんのり湖面に映る。
          P5300188.JPG
          鳥海高原のタニウツギは満開。
          P5300190.JPG
          午前7時15分駐車場に到着。シャトルバスは午前9時。
          P5300191.JPG
          午前7時30分出発。砂利道をウォーキング気分で歩く。
          P5300193.JPG
          午前8時湿原入口。シャトルバスならここまで運んでくれる。
          ブナ林を抜ける。
          P5300194.JPG
          グリーンシャワー、ブナハルゼミが心地よい。
          10分ほどで林を抜けると・・・・
          P5300198.JPG
          鳥海山とレンゲツツジの競演。
          曇り空なのでしばし木道で休憩。
          P5300219.JPG
          見事な咲き具合。
          P5300227.JPG
          今年は当たり年のようだ。
          P5300237.JPG
          青い空と新緑、レンゲツツジ。見事な競演。
          P5300238.JPG
          ずーといても飽きない。
          P5300240.JPG
          こんなに咲いているのは珍しいと地元の担当者。
          もちろん稲倉岳も

          鳥海山のビューポイントとしては最高の場所だろう。

          こんなに素晴らしい景観は皆で守りたい。
          3kmを戻ろうとしたらシャトルバスが拾ってくれた。
          由利本荘市の運転手さんがやさしいこと。
          バスの中で情報交換。地元を愛する心が伝わってきた。
          日本海。大型フェリーが中央にうかぶ。
          P5300247.JPG
          さあ秋田に戻ろう。H
          問題提起。
          同じ時間帯に湿原に居合わせたのが私を含めて四人。
          そのうち二人が木道から湿原の中に入り込み写真を撮影。
          思わず大声で注意した。2度も。
          もう一人は三脚を湿原に足を入れて撮影。
          モラルが問われる。



           
          posted by: hashizume-c | アウトドア | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          八郎潟 ワカサギ釣り
          0
            JUGEMテーマ:北東北
            2月11日秋田の冬の風物詩、八郎潟のワカサギ釣りに行ってきました。
            朝6時30分集合。秋田市から高速で30分ほど。
            間もなく日の出。
            P2110156.JPG
            昨日までの荒天がうそのよう。
            師匠のNT先生は同級生。
            P2110157.JPG
            ワカサギ用ドリルで約20cmの氷に穴を3つ開ける。
            P2110159.JPG
            ドームテントを設営し、午前7時早速開始。
            いきなり釣れる。5本の針に3匹。昨年の実績を上回る。
            P2110160.JPG
            釣れすぎてコーヒーを飲む余裕がない。
            餌をつけると入れ食いの状況が続く。
            P2110162.JPG
            師匠いわく。荒れた天気が続き、お腹が減っていたのだろう。
            師匠に借りた電動つりざおがよかったのだ。
            氷上には多くの釣り人たち。時々歓声があがる。
            P2110163.JPG
            きたーーーー。4匹。
            P2110161.JPG
            午前中だけで400匹近くは釣ったかも。
            P2110164.JPG
            二人で山分けとする。
            唐揚げ。最高に美味。
            P2110166.JPG
            わかさぎラーメン。
            P2110167.JPG
            ワカサギでフィ(ニ)ッシュ。なんて。H
             
            posted by: hashizume-c | アウトドア | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            八郎潟でワカサギ釣り
            0
              冬の秋田の風物詩、八郎潟のワカサギ釣り。
              昨年に引き続き、NK師匠、KG先生、小生の3名で楽しんできました。
              釣果は・・・師匠の圧勝。
              2月11日朝6時30分。誰もいない八郎潟東水路。
              P2110705.JPG
              1月末の気温が高く、氷の厚さが心配。確認の上氷上へ。
              P2110707.JPG
              20僂呂△蠅修ΑOKだ。
              P2110709.JPG
              専用ドリルで直径10僂曚匹侶蠅鬘瓦跳,襦
              P2110710.JPG
              ドームテントを組み基地を作る。
              P2110711.JPG
              床なしのテントなので足元が寒い。外は氷点下。
              KG先生が新兵器。電動式ワカサギ釣り器。
              これがあとで抜群の威力を発揮することに。
              P2110712.JPG
              わかさぎの当たりがあったら、電動ですーと引き上げてくる。
              餌は赤虫など○○の幼虫。
              P2110713.JPG
              開始まもなく師匠がばんばん釣り上げる。小生の初物。
              P2110715.JPG
              透明できれいな1年魚。
              P2110716.JPG
              一時間もするとこんなに。お見事KG先生。
              私も負けじとダブルツイスト(稀なケース)
              P2110721.JPG
              ワカサギの群れにあたるとコーヒーを飲む暇もないが、
              釣れないと全く当たらない時間帯もある。
              P2110719.JPG
              大きいのは4cmほど。2年魚だろう。から揚げに変身。
              P2110724.JPG
              揚げたては最高の美味。お昼はワカサギうどん。
              P2110726.JPG
              KG先生「これはうまい。昨年よりおいしい」NK師匠も大満足。
              P2110725.JPG
              時々周囲からも歓声が聞こえる。それぞれの楽しみ方があるようだ。
              P2110722.JPG
              午後3時30分ごろで終了。約200匹近くは釣ったと思う。
              師匠150匹、KG先生50匹、小生25匹。
              仲良く山分け。
              P2110727.JPG
              寒さを忘れて楽しんできました。ありがとう。H
               
              posted by: hashizume-c | アウトドア | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |