Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

秋田の山ガール「ばりこ」が、山登り初心者から達人までに成長する姿が秋田の山と個性的な仲間との山行を通して成長していく姿が描写されています。
Recommend
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty (JUGEMレビュー »)
さとう 桜子
がんでも美しく輝く女性でいよう

日常のスキンケアやメイクなど経験者ならではの工夫が満載。患者さんやご家族へのプレゼントにも最適です。ご一読ください。
Recommend
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷 (JUGEMレビュー »)
恩田 陸
迫力のあるピアノの音律が文書から浮かんできます。一度読みだすと止まりません。必読書です。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
7月27日(日)三ツ石山
0

    JUGEMテーマ:登山

    低気圧の接近で天気予報が読めず。

    折角の日曜日なので山には行きたい。

    秋田駒か三ツ石かは雲の状態で決めるとして

    午前6時に出発。

    田沢湖まで来ると、駒ヶ岳には厚い雲。

    仙岩峠を抜けることにする。

    岩手山が山頂まで見えたが、先週登っているのでパス。

    三ツ石でまったりする。

    8時40分駐車場を出発。

    IMG_3791.JPG

    この時点で駐車場は満車。さすがに人気の山だ。

    いつもは見える乳頭山。今日は雲の中。

    IMG_3792.JPG

    舗装道路を30分ほどあるいて登山口

    IMG_3793.JPG

    熊に注意の看板のせいで、老若男女が鈴をつけている

    あまりの数にすこし煩わしく思う。

    5分ほどで分岐。ブナの木立が優しい。

    IMG_3795.JPG

    ここから急な登り。

    20分ほどで三ツ石山が左手に見える

    IMG_3797.JPG

    山荘前は団体さんで渋滞

    IMG_3798.JPG

    でもガイドさんがしっかり指示している。

    山荘脇にみつけたクルマユリ

    IMG_3801.JPG

    夏の花だ。

    混雑している山荘にはよらず、山頂へ向かう

    斜面にはニッコウキスゲがお出迎え

    IMG_3807.JPG

    オレンジがひときわ目立つ

    夏の空とニッコウキスゲ

    IMG_3809.JPG

    写真を撮りながら山頂へ。

    IMG_3812.JPG

    山頂直下から山荘を俯瞰する

    IMG_3811.JPG

    いつもはスキーで滑る大好きな斜面

    正式な山頂は少し奥にある

    IMG_3813.JPG

    今日は数名しかいない

    10時11分山頂

    IMG_3814.JPG

    山頂は東から雲がながれている

    大深山方面はガス

    IMG_3818.JPG

    ここで休憩。おやつとコーヒー

    岩手山が雲のなかから現れるのをひたすら待つ。

    IMG_3817.JPG

    これ以上待っても無理かな。

    11時山頂を出発

    撮影しながら チシマキキョウかな
    IMG_3820.JPG

    ハクサンフウロ

    IMG_3823.JPG

    ニッコウキスゲと山荘

    IMG_3828.JPG

    下りは早い

    IMG_3831.JPG

    夏山もよい

    せっかくだからいつもの場所で記念写真

    IMG_3832.JPG

    水場。ほんの僅かにでているだけ。間もなく枯れるかも。

    IMG_3836.JPG

    下山途中。乳頭山方面。1200mより上部は雲の中

    IMG_3840.JPG

    ブナの木陰はきもちよい

    IMG_3841.JPG

    12時19分駐車場に到着

    IMG_3844.JPG

    このすぐ下が工事中で驚いた。

    IMG_3843.JPG

    地熱調査とか。

    紅葉の時期、駐車できずに混乱すること必至かも。

    夏山は暑い。今日は水分補給はうまくいった。

    今日も山の神様に感謝なのだ。H

     

     

    posted by: hashizume-c | 山登り | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    7月26〜30日 医家美術展
    0

      JUGEMテーマ:北東北

      7月26日から開催されている医家美術展

      秋田市アトリオン 

      DSC_0119.JPG

      秋田駅から5分ほど

      2階に上がると

      DSC_0118.JPG

      立派な金の看板

      この会場 院展にも使うのだ

      DSC_0117.JPG

      綺麗な室内に等間隔に展示

      師匠の淡路先生の写真も素晴らしい

      小生は2作品

      ソメイヨシノと鳥海山

      IMG_3486.JPG

      菜の花の香り

      IMG_3568.JPG

      7月30日まで開催しています。

      お近くにおいでの方はお立ち寄りください。H

       

       

      posted by: hashizume-c | 医療 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      7月25日(木)秋田駅の絵とうろう
      0

        JUGEMテーマ:鉄道・駅

        まもなく梅雨明けになりそうだ。

        秋田の夏祭りといえば竿燈が最も有名

        そのほかとはいえ湯沢の絵灯篭が風情がある

        DSC_0112.JPG

        秋田駅に絵どうろうがかざられている

        DSC_0111.JPG

        色白の典型的なあきた美人

        光がつくと幻想的な姿になるだろう。H

        posted by: hashizume-c | 日記 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        7月21日(日)岩手山2038m
        0

          JUGEMテーマ:登山

          7月21日参議院選挙。

          期日前投票をきっちり済ませておいた。

          天気予報が突然晴れ。これは困った。予定外の好天だ。

          ならば岩手山のコマクサだ。行くしかない。

          気合いを入れてまだ暗いうちに秋田を出発。

          午前6時焼走り登山口を出発。しばらくはガスの中

          IMG_3720.JPG

          雑木林の中をゆっくり進む。

          標高1000mを越えると雲海の上にでた。真夏の太陽だ。

          IMG_3723.JPG

          第2噴火口から上部は晴れている

          IMG_3722.JPG

          砂礫帯に小さいピンクが目立つ。

          コマクサロードの始まりだ

          IMG_3730.JPG

          見栄えもよく立派

          IMG_3736.JPG

          見事な群落だ。写真を撮っていると足が進まない

          それにしても見事だ

          IMG_3739.JPG

          これほどの群落は日本一かもしれない

          喘ぎながら不動平へ到着

          ここまで3時間半

          IMG_3745.JPG

          奇岩のもとの避難小屋

          IMG_3750.JPG

          ここからは400mの登り

          登りはつらいが見事な展望

          IMG_3752.JPG

          八幡平の稜線が雲海の上

          ズームで三ツ石山

          IMG_3754.JPG

          いつもは三ツ石山から岩手山を臨んでいる

          昨年通った御苗代湖

          IMG_3755.JPG

          山頂の稜線直下にもコマクサの群落

          IMG_3758.JPG

          標高2000mの稜線

          IMG_3760.JPG

          山頂まであとわずか

          午前10時40分 山頂到着

          IMG_3763.JPG

          夏の日ざしがまぶしい

          周囲は雲海。今日も絶景。

          下りは早い。わずか2時間半。ただし脱水になりかけた。

          念願のコマクサにも会えて満足した山行だった。H

           

           

           

          posted by: hashizume-c | 山登り | 21:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
          7月20日(土)患者会を開催
          0

            JUGEMテーマ:がん全般

            7月20日(土)午後2時30分〜乳がんの患者会を開催しました。

            参加者は17名。初参加の方も数名。

            先週の乳がん学会で発売された

            「患者さんのガイドライン」

            のショートレクチャーを行いました。

            1、遺伝子検査について

            2、長期化するホルモン療法

            3、イソフラボンや乳製品について

            後半は、Q&A

            初参加の患者さんから、経験者への質問。

            末梢神経障害や脱毛などについて

            経験者からより具体的に回答していただきました。

            ホルモン療法の副作用も関心が高いようです。

            皆さん優しい方ばかり。

            私もスタッフも学ばせていただきました。

            参加していただいてありがとうございました。H

             

            posted by: hashizume-c | 医療 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            7月18日(木)がん教室(備忘録)
            0

              JUGEMテーマ:がん全般

              7月18日(木)午後

              秋田市立城東中学校

              健康講和会「10代のためのがん教室」

              今年度は中学校の独自開催

              橋爪の講義と患者さんの体験談、後半はグループワーク

              講義では、「がんちゃん」のビデオを数本と

              文科省の「がん教育」スライドをチョイスする。

              146名の生徒が集まると体育館は熱気がこもる。

              途中で「はい、起立」「深呼吸」

              などまるで学校の先生の気分。

              患者さんの体験談は、やはり生徒の胸を打つ。

              後半のグループワークでは、「心のケアが必要」

              質問コーナーでは

              「「早く良くなってね」と言う言葉は、適切なのでしょうか」

              と鋭い質問が。

              「病気は状態による」と患者さんが回答。

              「頑張れ」ではなく「頑張っているよね」と共感がよい

              と応えました。

              将来の秋田を担う中学生に「がんについて正確な情報」

              を伝えることは意味のあることだと思います。

              若い中学生に接して、新鮮な気持ちにもなりました。H

              posted by: hashizume-c | 医療 | 20:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
              第27回日本乳がん学会
              0

                JUGEMテーマ:がん全般

                7月11〜13日新宿で乳がん学会学術総会が開催された。

                12、13日とクリニックを休診にして参加。

                DSC_0077.JPG

                テーマは「乳がん患者の心と身体のケア」

                ゲノム医療など新しい治療方法などが日進月歩のこの時代

                あらためて「心と身体のケア」をテーマとした佐伯会長にエール。

                12日13日ともに朝7時30分からのセッションに参加。

                ほぼ1日中座学を聞いていた。

                就労支援や子供のケアなど普段考えていることの裏付けができた。

                DSC_0075.JPG

                東京は小雨模様。梅雨空が2週間続いているらしい。

                学会の報告は来週の患者会で。H

                posted by: hashizume-c | 医療 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                7月13日(土)秋田魁新報「聴診記」
                0

                  JUGEMテーマ:がん全般

                  高額になっているがん治療の医療費について

                  秋田魁新報「聴診記」に書いてみました。

                  以下本文

                  がん治療と高額化する医療費 

                  1回の投与で3349万円の白血病治療薬「キムリア」が公的な医療保険で賄われることが、今年5月の中央社会保険医療協議会(中医協)で決まりました。高額な医療費に驚きますが、米国での5200万円よりは安いようです。日本での患者本人の負担額はおおよそ40万円程度となりますが、残りの3千万円は誰がどうやって支払うのか、皆さんはご存知でしょうか。

                   キムリアは1回のみの投与ですが、以前本欄で取り上げた「オプジーボ」を肺がんで1年間使用した場合の医療費は、発売された当初3500万円でしたが、現在は900万円程度です。仮に肺がんの患者さん5万人に使用すると、年間の医療費はいくらになるのでしょうか。

                   日本の医療保険には、会社員が加入する健康保険のほか、公務員が加入する共済組合、自営業や会社を退職した人が加入する国民健康保険、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度があります。手術費や検査代、薬代など公的医療保険が適応される費用は、70歳未満の成人では3割などと自己負担額が決められ、残りは公的医療保険から支払われます。

                   がんで手術を受けて1週間程度入院し、医療費の総額が100万円かかったとすると、患者本人は3割の30万円を負担します。しかし「高額療養費制度」を使うと、実際に支払う金額は少なくなります。

                   この制度は、医療機関や薬局の窓口での支払い額がひと月の上限額を超えた場合に、その超過分を支給する制度です。上限額は年収によって異なり、例えば年収370万〜770万円の場合、おおよそ21万円が高額療養費として支給されるため、本人は9万円程度の支払いになります。制度を利用するには、加入している保険組合に加入者が申請する必要があるので、治療前にしておきましょう。

                   医療費の本人負担を少なくなる制度はありますが、残りの医療費は患者が加入している医療保険の組合が負担します。健康保険組合からの給付金は、加入者と事業者が半分ずつ負担し、国民健康保険からの給付金は、加入者の保険料半分と国庫補助金で支えられています。つまり窓口で支払う金額の残りは、保険料と私たちの税金で補っているのです。

                   医療が進歩すると、高度な技術を必要とする治療法や薬剤により、医療費が上昇します。今の状況が続けば、医療費を捻出するのが困難になり、国民皆保険制度が揺らぐことは避けられません。限られた財源を有効に使用するにはどうしたら良いのか、特に高齢化が進む本県では議論すべき時期に来ていると思います。

                   (はしづめ・たかひろ はしづめクリニック院長、秋田市)

                  posted by: hashizume-c | 医療 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  7月11日(木)秋田〜能代〜東京
                  0

                    JUGEMテーマ:国内小旅行

                    7月11〜13日乳がん学会が東京で開催されている。

                    当初は朝の飛行機で上京する予定であったが、

                    診療のため能代へ。外来と入院患者の診療。

                    P7110012.JPG

                    小友沼も夏色である。

                    東能代からはリゾートしらかみ2号で秋田へ。

                    P7110013.JPG

                    くまげら編成。2号車は静かなラウンジカー。

                    窓が広く旅行気分になるのはいつものこと。

                    P7110015.JPG

                    看護学校の試験問題を作成する。

                    締め切りがぎりぎりだった。

                    午後3時45分発ANA408便で上京。

                    鳥海山のお見送り。夏山だ。

                    P7110023.JPG

                    東京は小雨。梅雨本番。

                    学会会場は明日から参加することにしよう。H

                     

                     

                    posted by: hashizume-c | 日記 | 23:20 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                    7月7日花の森吉山
                    0

                      JUGEMテーマ:花紀行

                      7月7日(日)久しぶりの休日の快晴は森吉山の花めぐり

                      午前7時30分すぎ秋田市を出発

                      阿仁スキー場ゴンドラ駅には9時過ぎに到着。

                      ガイドのミキティを久々にご対面。

                      ガイド業が繁盛している様子

                      快晴だが、稜線を吹く風が心地よい

                      IMG_3639.JPG

                      雪の時期とは違った趣がある山だ

                      まずはイワカガミ

                      733.jpg

                      登山道の脇におとなしく咲いている

                      この花の名前は・・・・ランとミキティに教わった

                      736.jpg

                      (わかる方いますか)

                      シラネアオイは終盤。少し暑そう

                      IMG_3640.JPG

                      チングルマは葉を落として風にそよいでいる。

                      IMG_3648.JPG

                      青い空にチングルマの花弁

                      IMG_3646.JPG

                      最盛期は見事だろう

                      シャクナゲもよい色をだしている

                      739.jpg

                      ハクサンフウロ 夏の花だ。

                      IMG_3649.JPG

                      ニッコウキスゲは見ごろ

                      IMG_3638.JPG

                      山頂付近は団体客で混雑。

                      でもみな満足したことだろう。

                      夏山登山のシーズンが始まった。H

                      posted by: hashizume-c | 山登り | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |